カテゴリ: 日経225miniニュース

岡三オンライン証券に
         潜入取材!


 

また懲りずに、証券会社に潜入したいと思いました(^_^;)

今回、潜入のターゲットになったのは、岡三オンライン証券さんです!!
岡三オンライン証券さんは、手数料がバツグンに安いので、注目していました。

そしてなんと、ただでさえ安い手数料を、2009年4月17日から2009年6月30日まで半額にするとぶちまけたのです!

これは岡三オンライン証券に潜入するしかないと思い、企画を立てました。

が、毎回毎回言っていますが、取材をOKしてくれる証券会社さんは、あまり多くありません。だって、こんないち個人投資家である岩崎が、「取材させてください!」と言って、「はい、いいですよ。」とは簡単に言えないっすよ(笑)

しかし、今回もダメ元で取材のお願いをしてみました。

・・・なんと快くOKをいただいちゃいました。
いや〜、相変わらず、岩崎ついています。

岡三オンライン証券さん、ありがとうございます!!(>_<)

ということで、岡三オンライン証券に潜入取材をしてきました。

 

では、ここからは会話形式でお楽しみください。岡三は、岡三オンライン証券さんのお話です。 岩崎は、わたくし岩崎の話です。

 

岩崎 私にとって、岡三オンライン証券さんの最大の魅力は、手数料が安いことなのですが(日経225miniの片道1枚の手数料42円、日経225先物は420円)、実際、これでやっていけるのでしょうか?

岡三 はい。投資家の皆さまに還元するため、ギリギリの水準でサービスをご提供しています(笑) ただ、この手数料でも取引枚数が増えていけば問題ありません。
安定したシステムを低コストで提供することで、もっともっと多くのお客様に取引していただけるよう努力しております。

岩崎 なぜそんなに手数料を安くするのでしょうか??

はい。岡三オンライン証券は、営業を開始してから、まだ2年しか経っていません。つまり、証券会社としては最後発組になります。ですから、当社がどれだけ良いサービスを提供しても、すでに他の証券会社さんのサービスに慣れていらっしゃる投資家の皆さまは、私どものサービスを使ってくださる機会がありません。やはり、使い慣れているサービスを変えるというのは、かなり手間がかかりますからね。

そこで、当社は、見た目で一番わかりやすい手数料について、他社の水準より一段安く設定しました。
サービスレベルというのは、なかなか見た目ではわかりにくいですが、手数料は数字なので、すぐに伝えることができます。手数料というわかりやすいメッセージにより、お客様が利用するメリットを訴え、とにかく一人でも多くの投資家の方に、当社のサービスに触れてもらいたいと考えました。

まずはサービスをご利用いただいて、使い勝手が良かったら、そのまま継続してお使いいただける。そうしてご利用いただいた皆さまから、「安くていいものがある」という評判、口コミを広げてもらい、さらに取引していただける方を、増やしていきたいと考えています。

岡三オンライン証券06

 

岩崎 なるほど。しかし、その安い手数料を、4月17日から6月30日まで、さらに半額*にするキャンペーンをやっていらっしゃいますよね。これは、だっ、大丈夫なんですか?(笑)
*日経225miniの1枚の片道手数料が21円、日経225先物は1枚210円(2009年4月17日〜2009年6月30日まで)

岡三 キャンペーン手数料は、正直に申しあげて、様々な部分でコストダウンを図ることで実現できた体系です(笑) このような思い切った手数料でご提供するのは、4月17日から新しくリリースしたサービス、「岡三デスクトップ」「岡三RSS*」を、是非、日経225先物や日経225miniの取引の際にご利用いただきたいからです。
*RSS=Realtime Spreadsheet

まずはこの新しいサービスをご利用いただきたいという強い思いで、キャンペーン手数料を設定しました。まずこの手数料でご利用いただき、ご満足いただいたら、そのまま使い続けてもらいたいと思っています。

岩崎 その新しいサービス岡三デスクトップ岡三RSSというのは、どういうものなんでしょうか?

岡三 「岡三デスクトップ」は、情報閲覧や取引などの各種ガジェットから構成されている新しいスタイルのトレーディングツールです。それでは、プロジェクターで表示しながら、ご説明させていただきますね。

岡三オンライン証券04

 

岡三オンライン証券01

 

岡三 情報閲覧で為替情報を表示しています。各ガジェットは通常サイドバーに格納しておくことができますので、他の作業をしているときでも邪魔になりません。

岩崎 ガジェット形式っていうのは、新しいですね(笑)

岡三 はい。ガジェット形式のトレーディングツールというのは、今までなかったのではないでしょうか。

岡三オンライン証券02

 

岡三 時計やカレンダーは、一般的なガジェットと一見同じようなイメージですが、もちろん、証券会社としてオリジナル仕様になっています(笑) 例えば、時計は前場や後場の寄付や引けのタイミングで、アラームを鳴らすこともできます。
また、カレンダーの日付をクリックすると、その日に決算発表がある銘柄や企業イベントなどを表示することもできます。

パソコンを使って別の作業をしていても、あらかじめ設定しておいた条件でアラートが出るので、すぐにガジェットから取引ツールを出して、売買することも可能です。

もちろん、「岡三デスクトップ」や「岡三RSS」から、直接、日経225miniや日経225先物の注文を行うことができます。

岡三オンライン証券03

 

岡三 「岡三デスクトップ」は利用料が無料ですので、当社に口座を開設されているお客様なら、どなたでもお使いになれます。

岩崎 すごいですね。同時にリリースした「岡三RSS」というのも、すごく気になるんですが。

岡三 はい。岡三RSSとは、Excelを利用して、リアルタイムでの情報取得から取引まで行うことができるアドインツールです。つまり、マーケット情報や株価情報などをリアルタイムでExcel上に取得して、情報の加工や発注まで行うことができるのです。

岩崎 えっ、発注もできてしまうんですか?

岡三 はい。この岡三RSSの最大のウリは、注文機能まで付いていることです。注文機能がついたRSSを提供しているのは、ネット専業証券のなかでも、岡三オンライン証券が初めてではないでしょうか。

岡三オンライン証券12

岡三オンライン証券13

 

岡三 この岡三RSSは、四本値だったら、日足からティックまで取り込むことができます。もちろん、すべてリアルタイムの情報を取得できます。

日足のデータは、本来3年前まで提供できるようになっています。ただし、まだリリースしたばかりなので、現在はシステム負荷を考えて、直近1年間の情報を取得できるように調整して提供しています。システムの負荷や状況を見ながら、取得期間については今後調整していく予定です。

岩崎 ティック足を、毎回、毎回、自分のほうで貯めていけば、すごく貴重なデータになりますね。

岡三 そうですね。

岩崎 ティック足を使ったストラテジーも考えられますね。つまり、この岡三RSSで取り込んだデータをもとにストラテジーを作り、サインが出たら勝手に発注までしてくれるようにできるんですね。

これだったら、自宅のパソコンを立ち上げておけば、会社に行っている間でも、勝手に売買してくれて便利ですね。

岡三 そうなんです。ただ、現物株の場合は、いろいろな問題もあることから、現時点では確認画面の省略を行えないように設定しています。ですから、現物株については、確認画面をクリックしないと発注できません。

日経225先物や日経225miniでは、確認画面の省略も行えるので、まさにその場にいなくても、条件に応じて注文を執行することができます。

岩崎 これはすごいですね。結局、今までの日経225先物のシステムトレードって、Excel用いて、いろいろなストラテジーを考えるんですが、注文を入れるのは、自分の手作業だったわけです(笑) それが、注文まで自動で入れてくれる。
これが本当の意味での、システムトレードですね。

岡三 そうですね。また、売買が成立すると、約定日や約定価格などのデータをExcelから取得することもできます。これで、ポジション管理の手間も、だいぶ軽減できると思います。

岩崎 すごいツールですね(笑)

岡三 ありがとうございます

ちょっと話が変わりますが、当社ではツールの開発にあたっては、できるだけ最新の技術を用いて行っています。例えば、岡三ネットトレーダーシリーズでは、.NET Frameworkを使用しています。.NETは、遅いとか重いというご意見もありますが、これからの技術の革新、つまりWindows XP・Vistaの先を読んでいくと、.NETの優位性が高まっていくと考えています。

現在の一般的なFramework技術を用いていると、新しいスペックのPCで、逆に、重かったり、動かなかったり、開発にお金がかかったりといろいろな問題が出てきます。

そこで当社は、将来的に標準化されるであろう.NET Frameworkを用いて、開発を行っています。

岩崎 なるほど。将来を見据えているんですね。
そういえば、この岡三RSSのリリースを記念して、4月20日から、先着2000名に『システムトレード「超」楽勝法』の書籍プレゼントキャンペーンをされていますが、これは、すぐになくなっちゃいそうですか?

岡三 はい、条件*がそれほど厳しくないので、けっこう早く終了してしまうかもしれません。その際はご了承ください。
*条件は、日経225mini取引枚数の合計が期間中50枚以上。日経225先物なら5枚以上。

岩崎 では、欲しい人は、急いだほうがいいですね。
ちなみに、岩崎は、お土産でこの本をいただいてしまいました(*^_^*)

岡三オンライン証券03

岩崎 この本には、移動平均線とMACD、IRブレイクを使用した売買モデルが書かれており、システムトレードを始めようと思っている方、すでに始めている方には、勉強になると思います。

 

岩崎 岡三オンライン証券の安全性について、お聞きしたいのですが、サブプライムショックやリーマンショックなどの影響はございましたでしょうか?

岡三 当社は、ネット専業証券として個人投資家の皆さまにサービスをご提供しており、もともと法人取引がございません。ですから、直接的にはまったく影響はないですね。

岩崎 自己売買(証券会社自身が、市場で取引をすること。)をされていないということですか?

岡三 そうですね。個人投資家の皆さまにオンライントレードを提供するのが、当社のビジネスです。
また、当社は後発の証券会社ゆえに、何年も前からポジションを持っているというお客様はおりません。投資信託も、つい数ヶ月前に取り扱いを開始したばかりですので、このサブプライムローン問題で、お客様の資産が急激に目減りしたということもありませんでした。

また、当社のお客様は、アクティブな取引をされる投資家(長期投資ではなく、短期売買をする投資家)が多いことも幸いでした。おかげさまで、岡三オンライン証券は昨年末から口座数・取引残高も右肩上がりで上昇しています。

岩崎 個人投資家の中には、手数料がすごく安いということは、なんかリスクがあるのではないだろうか、と考える方もいらっしゃいますね。例えば、新興の会社で、歴史も知名度も、安全性もないので、安くしているのでは? というように考えたりする方もいると思います。
その点、岡三オンライン証券は、85年超の歴史を持つ岡三証券グループが母体であり、しっかりとした安全性があるということですね。

岡三 はい、おっしゃるとおりです。当社は、安くて質の悪いものではなく、安くて質の高いものを追及していきたいと思っております。

岡三オンライン証券09

 

岩崎 最後の質問になります。現在、たくさんの証券会社がある中で、岡三オンライン証券は、どのようなポジションの証券会社を目指されていくのでしょうか?

岡三 はい、当社は何よりも、お客様の声に応えられる会社になるということを一番に考えております。
ですから、今後ともお客様からのご要望に対して、様々な角度からサービスを改善していこうと思っております。トレーディングツールに関しても、そのようなお客様の声を反映して、改良を続けてきています。

岩崎 お客様からの意見を吸い上げるのは、どのようにやられているのでしょうか?

岡三 まず一つは、コールセンターですね。
それから、アクティブな投資家の方々にアンケートを実施したり、直接ご意見をお聞きすることもあります。実際に当社まで来てもらって、どこが使い勝手が悪いでしょうか?というようなことも伺っております。そこでは、当社の開発担当の者も出席して、今後の開発に向けていろいろなお話をさせていただきます。

そして改善できるものは、すぐに実行します。すぐに実行できないものに関しては、中期的な課題として、取り組んでいきます。

なぜなら、マーケットの最先端にいるアクティブな投資家の皆さまが、システムや手数料に関して、一番要求が高い傾向があると考えております。そのような要求が高いお客様に満足してもらえるサービスが提供できれば、さまざまなタイプの投資家の皆さまにもご満足いただけると思っているからです。

今後とも、皆さまにご利用いただいて、評価される会社を目指していきますので、ご支援をよろしくお願いいたします。

岩崎 なるほど、そうなんですね。

岡三 そして、岡三オンライン証券は、とにかく一つでも多くの商品を揃える、広く浅い方向性ではなく、一つの商品、例えば、くりっく365であったり、日経225miniという商品で、シェアNo.1を狙いたいと思っています。そうすることによって、その商品に対するきめ細かい・深いサービスができると考えているからです。

岩崎 本日は、本当にありがとうございました。今後も、期待しています。

岡三 こちらこそ、ありがとうございました。

 


 

岩崎の感想

岡三オンライン証券、それはとにかく誠実な会社でした。スタッフの方も、かなり本気で、真剣にお話をしてくれました。こうやって、投資家の方から意見を吸い上げ、サービスに反映しているんですね。

だから、自分たちのサービスに自信を持っている。そこで、手数料を安くして、一人でも多くの投資家の方に使ってもらいたい! というのが、すごく伝わってきました。

こういう誠実で安定した会社が、手数料を安くしてくれるというのは、本当に我々個人投資家にとって、うれしい限りです。

岡三オンライン証券さんは、2009年4月17日から2009年6月30日まで、日経225miniの手数料を半額(1枚21円)にしてくれています。これは、絶対にお得ですね。

岡三オンライン証券さんは、今後、くりっく365や日経225miniの取扱業者として、シェアNo.1になるかもしれません。期待しちゃいます。

 

 

岡三オンライン証券10

恒例のように、(キレイな)スタッフの方と、写真を撮っていただきました(照)
ピンボケしてしまったのが、何より残念です・・・ 写真を撮ってくれたFさんを殴りたいです(笑)

岡三オンライン証券さん、本当にありがとうございました。

岡三オンライン証券のスタッフの方をはじめ、この取材に関わっていただいた、すべての人に感謝いたします。

そして、この記事を最後まで読んでいただいたあなたにも、感謝感謝です。

どうも、ありがとうございました。

 

今なら、日経225miniの手数料が21円!!(2009年4月17日〜2009年6月30日まで)

岡三オンライン証券への口座開設は

◆◆こちらから → 岡三オンライン証券

 


 

人妻FPのFX投資ブログ〜南アフリカランド大好き!FX口座開設でキャッシュバック・キャンペーン一覧

日経225miniで国家公務員を辞めた男の日記のトップへ



 

 

 

 

 

 

日経先物で公務員を辞めた男の順位は?  

1位の個人投資家が生き残る…さん、昨日のデイトレの結果は!? →  先物ブログランキング

 

 

 

2位のしもぞー…さん、6月の利益は、600万円突破! 昨日は? > 225先物ブログランキング 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 口座開設するだけで、最大1万1000円が、必ずもらえる ↓  

↓ さっ、さらに、アルファロメオの限定モデルか ↓ 

↓ ニューヨーク6日間の旅(おこづかい500ドル付き)が、当たるかも  ↓

 

アメリカ横断ウルトラクイズを見てからの夢、ニューヨークに行くこと。。。

会長と一緒に、ニューヨークへ行こう!! ← すでに当たった氣でいます。 

↓  ↓   ↓  ↓   ↓   ↓   当たるよ、きっと。

■>今、外為どっとコムで、口座を開設すると、現金、外車、NY6日間の旅がもらえる!?>>

 

 

 

 

 

 

 

昨日6月23日に、大阪証券取引所が、ついに日経225先物(株価指数先物取引)の10分の1のサイズである、『日経225mini』先物を2006年7月18日から取引開始することを正式発表しました!!

 

 

とにかく、詳しいことは、大証(大阪証券取引所)のホームページをご覧ください。

こちら

■> 日経225miniの取引開始日の決定について(平成18年6月23日)

 

 

 

 

 

 

何点か氣になっていたところを確認できました。

 

 

 

基本的には、現在の日経平均225先物を、ただ単に10分の1のサイズにしただけというです。

 

 

現在の日経平均225先物の最低単位は、1枚=1500万円なので、1ティック=10円動くと、1万5010円×1000倍=1501万円になります。

つまり、日経平均先物が、10円動くと、1万円の利益or損失ということです。

 

例えば、次の日に、日経平均先物が、300円窓を開けて寄り付きをすると、30万円の利益or損失になるということです。

 

これが、日経平均225miniミニだと、10分の1になるので、10円動いて=1000円、100円動いて=1万円の利益or損失になります。

 

なので、300円窓を開けたとしても、3万円の利益or損益ということになります。

 

 

 

 

証拠金も、通常の日経平均225先物の10分の1になるそうです。

これは各証券会社によって異なりますが、通常の日経平均225先物の証拠金が現在(2006年6月24日現在)、1枚50〜75万円ぐらいなので、日経平均225miniミニは、5万円〜7.5万円くらいで1枚建てられることになります。

 

 

ですので、現在50万円〜75万円で通常の日経平均225先物を1枚やっている人が、日経平均225miniミニだと、10枚まで建てられますね。

 

今まで1枚だった人が、10枚取引できるようになると、まずは、3枚、利が乗ってきたら、追加で3枚、さらに3枚と、ピラミッティングもできるようになります。

 

 

 

 

そして!

 

通常の日経平均225先物と大きく違う点が一つあります。

それが、呼値の刻みが、10円から、5円になるんです!!

 

 

通常の日経平均225先物は、1万5000円の次の値は、1万5010円でした。

 

これが、日経平均225miniミニになると、1万5000円の次の値は、1万5005円になります。

 

このように呼値の刻みが、10円から、5円になることで、スリッページも減ることになります。

*スリッページとは、指定していた値段と、実際の約定価格との差額のことです。
例えば、1万5000円で買おうと成行注文を出したのに、実際に買えたのは、1万5010円だったようなとき、スリッページは、10円ということになります。
相場が急落・急騰しているときなどは、このスリッページが大きくなる場合もあります

 

 

 

これが大きいですね! スリッページが小さくなるということは、検証の結果からのブレが少なくなるので、私に取っては、非常にうれしいです(^_^)

 

 

 

 

大手のネット証券も、すぐに取引できようになると思うのですが、まだ、各ネット証券とも発表はないみたいです。

 

 

チャートとか、板情報とか、7月18日から、すぐに導入できるのでしょうか?

 

 

う〜ん、あと3週間、早く完全にスタートしてほしいです!

 

 

 

 

 

待ち遠しいーーーー!!

 

 

 

 

 

 

日経平均225miniミニ先物の正確な情報は、大証(大阪証券取引所)のホームページをご覧ください。

こちら

■> 日経225miniの取引開始日の決定について(平成18年6月23日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ募集が終わります! ↓ ↓  石にかじりついても、投資で勝ちたい人向け

◆ 26歳で為替や株で、100万円を20億円にした 神王リョウさん の投資スクールとは? ◇ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          お得な情報、満載!  会長入魂のメルマガ(笑)↓ ↓

★ 日経225先物の無料セミナー情報満載!! 脱サラ会の無料メルマガ 登録>> ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日経225miniをデイトレするために国家公務員を辞めた男の日記のトップページヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日経先物で公務員を辞めた男の順位は?  

 

日経225先物をトレードしている個人投資家のブログがいっぱい→  日経先物ブログランキング

 

 

こっちのブログランキングには…  すごい人がいるもんです>> 225先物ブログランキング  

 

 

 

 

 

 

インターネットで、いろいろ検索していたら、ミニ日経平均225先物取引の記事を発見しました!

 

どうやら、大証(大阪証券取引所)は、今年の7月18日から、ミニ日経平均225先物の売買を開始する可能性が高そうです。

 

フジサンケイ ビジネスアイの記事です。

■>> 「ミニ日経平均先物」売買 カブドットコム参入

 

ちなみに、ミニ日経225先物とは、現在の日経225先物の取引サイズを10分の1にしたものです。

現在の日経225先物の最低単位は、仮に値が1万5000円だとしたら、これの1000倍、1500万円です。これ(1500万円=1枚)を、証拠金50万円〜100万円(2006年6月10日現在 証券会社によって、証拠金は異なります。)で取引します。

 

最低単位1枚=1500万円なので、1ティック=10円動くと、1万5010円×1000倍=1501万円になり、1万円の利益、または損益になります。

 

例えば、翌日に日経平均先物が、300円窓を開けると、30万円がすっ飛びます。

証拠金の半分が、一瞬で飛んでしまうので、小さい資金の個人投資家にとっては、レバレッジが大きすぎる面がありました。

 

そこで、個人投資家にもやりやすいように、このサイズの10分の1の、ミニ日経平均225先物を、大証が導入する経緯になったみたいです。

 

10分の1だと、10円動いて=1000円、100円動いて=1万円です。

なので、300円窓を開けたとしても、3万円の利益、または損益で済みます。

 

これだったら、1万5000円×100倍=150万円の取引なので、個人投資家も参戦しやすいですよね。

 

ミニ日経平均先物の詳しい説明は、大証ホームページにあるPDFを見てください。

クリックするとPDFファイルが開きます

■>> 日経平均株価先物取引におけるミニ取引制度の導入について(案)

 

 

そして、呼値の刻みも、10円から、5円になるみたいです。

大証のホームページ

■>> 日経平均株価先物取引におけるミニ取引制度の導入についてのパブリックコメント

 

 

大証は、今年の6月に導入する予定でしたが、伸びて7月になったみたいです。

リクルートのホームページ

大阪証券取引所 ミニ日経225先物取引データリリース

 

 

私も実際に、今年の5月上旬に、大阪証券取引所にメールして、「ミニ日経平均先物取引は、いつ導入されるのですか?」

と聞いてみました。

すると、広報担当者の方から、

 

「ミニ日経先物取引(仮称)につきましては,7月下旬のスタートを目指し準備を進めております。
正式に決定しましたら,当所HPやメディアを通じてご案内させていただきます。」

 

とのことでした。

まだ、案内がないので、正式には、決まってないみたいですね。

 

 

あー、早く導入してけろーーーーーー

 

 

このミニが導入されると、投資の幅が広がります。

 

まず、今まで、1枚でしか取引できなかったとしたら、これが10枚できます。

そうすると、まずは、5枚で入って、利が乗れば、さらに5枚追加というような、ピラミッティングの手法もできるようになります。

 

そして、5円刻みになれば、スリッページも少なくなるので、検証で出た利益のブレも減りそうです。

*スリッページとは、指定していた値段と、実際の約定価格との差額のことです。例えば、1万5000円で買おうと成行注文を出したのに、実際に買えたのは、1万5010円だったようなとき、スリッページは、10円ということになります。
相場が急落・急騰しているときなどは、このスリッページが大きくなる場合もあります。

 

 

うーん、早く導入して欲しい。。。

 

 

 

延期、また延期だけは、避けて欲しい!

 

 

 

ただ、日経平均が大きく下げた後なので、導入タイミングとして、延期ということもあるんですかねー。

 

 

とにかく、待ち遠しい限りです。

 

 

 

とりあえずは、大阪証券取引所の発表を待つしかないですね。

 

 

 

 

カモーーーーーン  ミニ日経平均225先物取引!!!

 

 

いつまでも、待っているわ(泣)

 

 

 

 

 

 

 ↓  DAIBOUCHOUさん、こんなサービスをやっていたんですね。はじめて知りました ↓

 

200万円を5年半で10億円したDAIBOUCHOUさんが 推奨銘柄を教えてくれます>>

 

 

 

 

 

 

先着600名に あのジム・ロジャーズと基礎から学ぶデイトレードの著者DVDをプレゼント!○ 

 

 

 

 

 

 

FXについては、

■>> FX外国為替証拠金取引のために国家公務員を辞めたアホの日記(ブログ)で

 

 

 

 

 

■> 私が実際に使っている 日経平均先物取引の証券会社比較ランキング>>

 

 

 

 

 

 □ 日経225先物の無料セミナー情報満載!! 脱サラ会の無料メルマガ 登録>> ■

 

 

 

 

       ★ 夕方3時過ぎに「日経の終値とFXの値段」を、あなたの携帯に送るメルマガ

 

 

 

 

 

日経平均225先物取引のために国家公務員を辞めたアホの日記(ブログ)のトップページヘ

 

 

 

 

↑このページのトップヘ