カテゴリ: 証券会社潜入取材!

インヴァスト証券に潜入取材


なんと、このブログの読者限定で、スペシャルプレゼントがあります!
一番下にあるリンクから口座開設して取引をすると、なんと1万円分のJCBギフト券をプレゼント!! さらに、インヴァスト証券オリジナルボールペンと、インヴァスト証券オリジナルブックカバーがもらえちゃいます!

いっょよ、太っ腹!!(>_<)

 

 

ということで、今回は特別企画です。

また懲りずに、証券会社に潜入したいと思いました(^_^;)

今回、潜入のターゲットになったのはインヴァスト証券さんです!!
インヴァスト証券さんは、すでにFX(くりっく365)では取扱業者最大手でシェアNo.1企業なんですが、そのインヴァスト証券さんがついに2007年12月から日経225mini(日経225先物・オプション)の取引を開始しました。そして、取引開始キャンペーンとして、現在なんと手数料が無料なんです!!

そんなイケイケのインヴァスト証券に潜入するしかないと思い、企画を立てました。

が、毎回言っていますが、取材をOKしてくれる証券会社さんは、あまり多くありません。だって、こんないち個人投資家である岩崎が、「取材させてください!」と言って、「はい、いいですよ。」とは簡単に言えないっすよね(笑)

しかし、今回もダメ元で取材のお願いをしてみました。

そうしたら、なんと快くOKをいただいちゃいました。

インヴァスト証券さん、ありがとうございます!!(>_<)

ということで、インヴァスト証券に潜入取材をしてきました。

 

01
とにかく、インヴァスト証券さんの中は明るくて、キレイです!

 

 

 

 

 

09

 

 

 

 

 

 


 

では、ここからは会話形式でお楽しみください。インは、インヴァスト証券のお話です。 会長は、わたくし脱サラ会会長@岩崎の話です。

会長 なぜ、日経225miniの扱いを開始したのでしょうか???

イン インヴァスト証券はすでに、オンライン事業においてFX(為替証拠金取引)とCX(商品先物取引)を取り扱っていましたが、デリバティブ商品の品揃えとして、日経225先物は不可欠なものと考えていました。

また、当社は税制優遇のFX=取引所為替証拠金取引「くりっく365」の取扱い最大手でもあります。この「くりっく365」と日経225先物は損益通算が可能ということもあり、「ぜひインヴァスト証券でも取り扱ってほしい」というお客様からの要望も多数いただいておりました。

そのような理由から、日経225mini(225先物・OP)の取扱いを昨年2007年12月から開始したしだいです。

会長 損益通算が可能というところをもうちょっと聞きたいのですが、例えば、FX(為替証拠金取引)で300万円の利益が出た。しかし、日経225miniで300万円の損失が出てしまった場合、税金はどうなりますか?

イン はい、そのような場合、通常のFX(非取引所為替証拠金取引=非くりっく365)ですと、300万円の利益に対して、税金を支払う必要があります。しかし、当社が取り扱っている「くりっく365」というタイプのFX取引でしたら、日経225miniとの損益通算ができますので、FXの利益300万円−日経225miniの損失300万円=利益0円ということになり、税金を支払わなくて済みます
つまり、確定申告をすれば、先物取引内のすべての損益が合算されます。ですので、弊社で取り扱っている、FX(くりっく365)とCX(商品先物取引)、日経225mini(225先物・OP)のすべての損益を合算することができるんです。

これが、株(株式取引)ですと、損益は合算されません。先ほどの例でいえば、FX(くりっく365)での利益が300万円、株での損失が300万円の場合、FX(くりっく365)での利益300万円に税金がかかってしまいます。

さらに、先物取引内であれば、損失を3年間繰り越すこともできます。

昨年FX(くりっく365)で300万円の損失が出たが、今年日経225miniで300万円の利益が出た場合、FX(くりっく365)での昨年の損失300万円+日経225miniの今年の利益300万円=利益0円で、税金は支払う必要はありません(注:損失分の確定申告も必要となります)。

投資は、かならず毎年勝てるとは限らないので、このような税制は、非常に有利だと考えます。

会長 なるほど。それはかなり有利ですね。

 

02

 

 

 

 

 

 

会長 現在、手数料無料キャンペーンをやっていらっしゃいますが、好評ですか?

イン おかげさまで大変好評です。日経225先物については後発組ということもあり、まずはインヴァスト証券のおもしろさを知ってもらいたいと考え、思い切って手数料0円とさせていただきました。当初、2月末までの予定でしたが、大変好評で、継続の要望も多くいただきましたので、3月末まで延長とさせていただきました。

会長  ありがとうございます!!(^^) そうですよね。手数料無料はあり得ませんもんね。個人投資家としては、かなりうれしいです! インヴァスト証券さんにとっては、大赤字でしょうが(笑)

04

 

 

 

 

 

 

03

 

 

 

 

 

 

会長 インヴァスト証券と他の証券会社との違い、インヴァスト証券の他の証券会社に対しての優位性などはどのようなものがありますでしょうか?

イン まず、インヴァスト証券の注文入力方法は非常にシンプルです。取引画面も操作しやすく、板状況を見ながら、発注できます。証拠金のシミュレーション機能などサポートツールも無料でご利用いただけます。さらに、トレードシステムも安定していると自負しております。

会長 そうですね。それから、インヴァスト証券さんは注文方法も多彩ですよね。逆指値注文をはじめ、If Done注文やOCO、If Done OCO、バスケット注文など、他の大手ネット証券会社に比べても、かなり種類が豊富だと思います。

イン ありがとうございます。システムや注文方法は、お客様にとって最も重要な部分だと認識して、取り組んでおります。

さらに、手数料に関しても、無料キャンペーン終了後も業界最低水準の手数料を維持していきます。手数料についてはお客様から最も要望が高いので、期待に応えていきたいと思います。

会長 それはうれしすぎますね(笑)システムが安定していて、手数料が安ければ、もう言うことなしです(^_^;)

イン そして、当社の名刺には、表に『行動指針は「誠実」(インテグリティ)』、裏面には『私どもがめざすのは、「お客様が資産を安心して託すことができる証券会社」』と記載しております。 「インテグリティ(integrity)は客観的に誰からみても誠実ということで、自分自身で主観的にまじめさを表現する「オネスティ(honesty)」より重い言葉です。

12
これがいただいた名刺です。
行動指針や目指すところが記載してある名刺なんて、見たことがありません。

 

 

 

 

他社よりも優位という点では、インテグリティという意識を持って、常にお客様の視点に立っているということでしょうか。常に進化し続けるというのはお客様本意でなければ意味がありません。例えばシステム開発であったり、HPの構成でも、常にお客様の声を重視しています。

会長 なるほど。具体的には、どのようにして、お客様の声を反映しているんですか?

イン はい、HP内にお客様の声を受け付ける要望窓口を作ったり、セミナーのアンケートに記入いただいた要望、問い合わせメールなどを常に経営陣をはじめスタッフが共有できるようにしております。

また、電話によるお客様の問い合わせについても60名体制であたっており、要望以外にもトレードツールの使い方、取引の疑問・不安など初心者にも優しく、プロのスタッフが対応しております。

会長 60名体制っすか!? すごいですね。

イン はい、当社はサポートにも、かなり力を入れております。日経225mini(先物・OP)のお問い合わせ対応スタッフも、専属で6名常駐しております。

会長 いや〜、それはすごい。

イン セミナーについても当社は毎月200名から300名の大規模セミナーを行っております。交通の便の良い会場で著名な方の講演に無料でご招待させていただいております。 お客様がセミナーに来られる理由は、著名な講師の方の話を聞きたい、投資手法を知りたい、または講師の方のファンであったりするかと思います。
当社ではそれに加え、「ネット証券だからこそ、お客様とのふれあいを大切にしたい」と考えています。具体的には、当社のセミナーでは、講師の方に講演の後も残っていただき、お客様が講師の方に直接お話できる座談会をもてるようにしています。
このような取り組みは、お客様に非常に喜んでいただいており、講師の方も時に熱が入って、座談会が大幅に予定時間を過ぎてしまうこともありました。

会長 なるほど〜。私の投資の師匠である新井邦宏さんをはじめ、マット今井さんやフジマキジャパンの藤巻さんなど、そうそうたる講師のみなさんがセミナーをやっていますよね。これだけの講師をお呼びするのは、大変ですね(笑)

イン ありがとうございます。
またセミナー後、スタッフによるトレードツールのデモコーナーでも、直接お客様からご質問を聞くことができます。セミナーに参加したお客様から、「スタッフの丁寧な対応やセミナーの雰囲気を知ることができ、安心して取引ができます」といった声もいただけるようになりました。

さらに、多くのお客様にインヴァスト証券を知ってもらうため、常時パソコンを用意したデモルームをご用意しております。デモルームはガラス張りになっており、当社社員が働くフロアを一望できます。トレードツールの体験などのミニセミナーから、お客様の来店も随時受け付けております。最近は来店のお客様が非常に増えており、スタッフも気が抜けません。

05

こんな感じにガラス張りです。
さらにこの部屋は、クリーン電源が用意されており、もし東京が停電になっても、6時間は電源が供給されます。
なので、停電になってもこのフロアは万全です!!

 

 

 

 

 

06

きれいな人を発見したので、ついついチラチラちら見をしてしまいました。。。 これじゃ、スタッフの方も氣が抜けないっすね(笑)

 

 

 

 

 

07

私も、きれいなスタッフの方に教えてもらい、トレードツールの体験をさせていただきました(照)

 

 

 

 

 

会長 これから、どのような証券会社になっていきたいとお考えですか?

イン インヴァスト証券は日本で唯一の、株価指数の「日経225先物」、取引所為替証拠金取引「くりっく365」、店頭為替証拠金取引「FX24」、商品先物取引「COMパス」の全事業を取り扱う会社です。

これからも、常に顧客の視点に立ち、“デリバティブならインヴァスト証券”と呼ばれるよう、魅力ある商品・サービスを格安の手数料で提供していきたいと思います。

そして、「インヴァスト証券にはいつも“面白い”“ワクワクする”商品がある。」とお客様に感じていただけるような存在でありたいと考えており、言わば「投資のディズニーランド」を目指しています。また、常に進化し続けたいと思っております。

会長 今回はありがとうございました。これからも、すばらしいサービスを期待しております。

イン こちらこそ、ありがとうございました。

 


 

岩崎の感想

う〜ん、すばらしい会社ですね(笑) スタッフの方の誠実さが、すごく伝わってきました。最近は、ミッションなどを掲げる企業も増えてきましたが、結局掲げただけで終わってしまう企業もあります。
しかし、インヴァスト証券さんは、常に誠実さを意識して、会社経営、顧客対応をしているんだな〜という印象を受けました。こういう証券会社が日本に増えてきたというのは、本当に我々個人投資家にとってうれしいことです。

とにかく、インヴァスト証券さんは、3月末まで手数料無料なので、絶対にお得です。その後も、業界最低水準の手数料を維持すると言っていたので、かなり楽しみです。

くりっく365で取扱業者最大手・シェアNo.1のインヴァスト証券さんが日経225miniの取り扱いを開始されて、日経225miniファンの岩崎としては本当にうれしいです。

これから、ますます“面白い”“ワクワクする”証券会社になっていくことを応援しています。

 

08

 

 

 

 

 

 

10
ブックカバーと、ボールペンをおみやげとしてもらっちゃいました。うれしい(*^_^*)

 

 

 

 

インヴァスト証券さん、本当にありがとうございました。

インヴァスト証券のスタッフの方をはじめ、この取材に関わっていただいた、すべての人に感謝いたします。

そして、この記事を最後まで読んでいただいたあなたにも感謝感謝です。

どうも、ありがとうございました。

 

インヴァスト証券証券への口座開設は

◆◆こちらから → インヴァスト証券 JCBギフト券1万円分プレゼント!

ここから申し込んで取引をすると、インヴァスト証券オリジナルボールペンと、インヴァスト証券オリジナルブックカバーがもらえちゃいます!!


◆◆こちらから → インヴァスト証券 JCBギフト券1万円分プレゼント!

 

 

日経225miniで国家公務員を辞めた男の日記のトップへ







ひまわり証券潜入 第二弾!


  ラクラク友の会会長 V.S 脱サラ会会長


なんと、一番下のリンク先から、ひまわり証券に口座を開設すると、このブログ読者限定で、私のシステムトレードの師匠、Mr.デリバティブこと堀川さんが書いた「日経225先物取引入門」の本をプレゼントしてくれるそうです!! いーやっほーーー(^^)/



さて、今回は特別企画です。

また懲りずに、ひまわり証券さんに潜入してきました(^_^;)

最近、「システムトレードについて、まったく知識がないのですが、私でもシステムトレードをはじめることができますか?」というようなご質問を、読者の方からよくいただきます。

そんな質問をいただいたとき、私は「たぶん、できるようになりますよ」とお答えしてます。なぜなら、私もシステムトレードの知識0から、ひまわり証券さんのWebセミナーをうまく活用してシステムトレードをはじめられるようになったからです。

そこで、私のシステムトレードの原点であり、私の大好きな証券会社であるひまわり証券さんに

ひまわり証券を活用して、知識0から日経225miniでシステムトレードを開始し、長期にわたって勝てる投資家になるためには』というテーマでお話をうかがってきました!!!

って、カンタンに言いましたが、上場企業グループのひまわり証券さんにお話を聞けるということは、すごいことなんです!普通じゃ、セキュリティーの関係で一般人が証券会社に入ることすら不可能です。それなのに、前回に引き続き、こんなヘナチョコ個人投資家のために取材に応じていただきました。ひまわり証券さん、本当にありがとうございます。

そして、今回のインタビューに答えていただいたのも、前回に引き続き、最近ではひまわり証券の顔と言っていい「楽々亭柳橋」さんでした。楽々亭柳橋さんは、「ラクラク友の会会長」なので、わたくし「脱サラ会会長」との会長対決第二弾です。

では、ここからは会話形式でお楽しみください。師匠は、ひまわり証券の楽々亭柳橋のお話です。 貴公子は、わたくし脱サラ会会長の話です(笑)

 


 

貴公子 まず、日経225先物(日経225mini)についてあまり詳しくない場合は、どうしたらいいでしょうか??

師匠 それは弊社のホームページにある、教えて!投資のイロハ「日経225先物編」を見ていただけると理解できると思います。

◆こちら→ 教えて!投資のイロハ「日経225先物編」


師匠 さらに、24時間いつでも見られるストリーミングセミナーを開設し、動画でいつでも日経225先物(日経225mini)について勉強することができます。こちらも、是非、活用してください。

◆こちら→ ストリーミングセミナー


貴公子 あ〜、あのキレイな女性が話してくれるやつですね。あれはいいですね(笑)

師匠 そして、これらのセミナーを受講されてもまだわからないことがあれば、Webセミナー中にチャットで質問をしていただくか、「よくあるお問い合わせ」にある、「新しいお問い合わせはこちら」というところから、メールをしていただければ、回答させていただきます。

ひまわり証券のWebセミナー


ひまわり証券 よくあるお問い合わせ



貴公子 なるほど〜〜、日経225先物(日経225mini)の知識を得るのも、いたれりつくせりですね〜〜。

貴公子 では、「日経225先物(日経225mini)は理解できたけど、システムトレードって、どんなもんなの?」 という人は、どうすればいいでしょうか?

師匠 はい、システムトレードを簡単に説明すると、投資を行う際に、自分の勘(裁量)を排除して、ある一定のルールに基づいて機械的に売買をする方法のことを言います。人間というのは、恐怖や欲望の感情が湧くと、冷静な判断ができなくなります。そのような状況で、自分の感情によって株式を売買すると、冷静な判断ができていないので、損することが多いんです。そこで、自分の感情を一切入れないで、あらかじめ決めてあるルールに基づいてのみ売買をすることによって、投資でコンスタントに利益を出していこうという投資スタイルなんです。

師匠 さらに、システムトレードがどんなものかを詳しく知りたい方は、弊社のWebセミナーで定期的に、システムトレードに関するセミナーをオンラインで開催しておりますので、自宅からこのWebセミナーをご覧ください。Webセミナーは、弊社に口座を持っていなくとも、ほとんどのモノを見ることができますので、お気軽ご覧ください。
また、システムトレードについては、書籍やいろいろなホームページにも詳しく書かれていますので、そちらをご覧いただくのもよろしいかと思います。

◆こちら→ ひまわり証券のWebセミナー


貴公子 では、「システムトレードというものがどういうものかはわかった。実際自分でどんなルールが儲かるのか検証してみたいが、エクセルなどはまったくやったことがない」という人は、どうしたらいいですか?

師匠 はい、そういう方は、弊社のオンデマンドセミナーにある堀川が講師をしている「知識ゼロから覚えるエクセルデータ分析のやり方1、2」というものをご覧ください。このセミナー1、2を見ていただけると、エクセル初心者の方でも、一通りのルールの検証ができるようになると思います。

◆こちら→ 知識ゼロから覚えるエクセルデータ分析のやり方1・2


貴公子 このセミナーがオンデマンドで24時間いつでも見られるようになったというのは、ものすごくラッキーですよね〜。自分も、エクセルに関してまったく知識がなかったのですが、数年前に、堀川さんがやっていらしたこのエクセルデータの分析セミナーで、エクセルでの検証の仕方を覚えたんですよ。それにより自分で検証ができるようになり、検証がすごくおもしろくなりました。そしたら、システムトレードにゴリゴリのめり込んでいってましたね〜〜(笑)

師匠 へ〜そうなんですか〜〜

貴公子 次に、「検証のやり方はわかった、そして実際に検証をしてみたが、まったく儲かるルールが見つからない。」というような方が出てくると思います。 まぁ、自分もそういう時期があったので、よくわかるんです(笑) そういう方は、いったいどうすればいいのでしょうか??

師匠 これは、弊社のWebセミナーに参加していただきたいと思います。

貴公子 現在、ひまわり証券さんがやっているWebセミナーで、システム(ルール)の内容(ロジック)を公開しているものもあるんですか?

師匠 はい、私が主催しているラクラク友の会限定セミナーでは、儲かりそうなシステム(ルール)を紹介しています。

貴公子 すごいですよね〜(笑) エクセルでの検証の仕方から、儲かるルールまで教えてくれるセミナーがあるんですもんね(笑) ラクラク友の会には、もちろん私も入会しているんですが、これはひまわり証券さんに口座を持っていなくても入会できるんでしたっけ??

師匠 はい、ラクラク友の会には誰でも入会することができるようになっています。

貴公子 私も、楽々亭さんから教えてもらった「楽々トレード」をベースにしたシステムを、現在でも一つ運用しています。このシステムで、いちおう数百万円稼がせていただきました。ありがとうございます(笑)

師匠 うらやましいですね・・・ 今度何かごちそうしてください(笑)

貴公子 はい、そうですよね(笑)師匠のおかげで、稼ぐことができたんですから。 じゃあ今度、吉野家の牛丼、大盛り汁だくでもごちそうしますよ(笑)

師匠 できれば、味噌汁と生玉子もつけてください(笑)

貴公子 はい、いいですよ(笑)

貴公子 現在、楽々トレードや、STトレードのルールはWebセミナーで公開していないんですよね?

師匠 そうですね、どうしても多くの人が知ってしまうと儲かりにくくなってしまうので、Webセミナーでの公開はやめました。そうすることによって、楽々トレードを使って投資している弊社のお客様の利益を守りたいなと思っています。ただ、どうしても知りたいというお客様が多いので、投資情報室というところで、エクセルシートの有料販売という形で、ルールの公開をさせていただいています。

貴公子 エクセルシートの販売というのは、具体的にはどういうものなんですか?

師匠 はい、すでに楽々トレードのルール(計算式・関数)と過去のデータが入っているエクセルシートを有料で販売しています。すなわち、今後の日々の四本値を入れていただけるだけで、買いと売りのサインがエクセル上に出てきます。そのまま売買されてもけっこうですし、独自の損切りルールなどを付け加えて、もっと儲かるシステムを作っていだくことも可能ですね。

◆こちら→ ひまわり証券が販売しているシステム(ルール)


貴公子 なるほど、それは初心者にとってはいいですね〜〜。 最近、読者の方から「○○○○○というブログで、売買サインの販売をしています。それを買おうかと思っているのですが、あれは儲かるのでしょうか?」といったようなご質問を受けます。こういう売買サインは、どうなんでしょうか?

師匠 基本的にシステム(ルール)の内容を公開していない売買サイン(ブラックボックスと言ったりする)は要注意です。なぜなら、システム(ルール)の内容が公開されていない以上、その儲け(パフォーマンス)が本当かどうかチェックできないからです。自分でどのようにでも作れてしまいますよね?

もう一点注意していただきたいことがあります。それは、極端にパフォーマンスがいい売買システム(ルール)についてです。極端にパフォーマンスがいいものは、ルールの最適化をしすぎている可能性があります。これをカーブフィッティングなどと言ったりします。例えば2006年の相場では、ものすごく儲かるルールを作ったとしても、それはあとづけ理論であって、今後そのルールがうまくいくかどうかは、まったくわからない、というかうまくいく可能性が低いんです。

一般的には、ルールが多くなればなるほど(6個以上とか)、カーブフィッティングの危険性が高くなると言われています。具体例でいえば、2006年は、「月曜日」に、「日経平均が前日より1%以上」し、かつ「20日移動平均線」と「MACD」が「ゴールデンクロス」をして、その夜の「ナスダック市場が1%以上上昇」し、さらに「為替のドル円が1円以上下落した」翌日に、「東京が雨」ならば、寄り付きで売りを仕掛け、大引けで決済すると、ものすごく儲かったとします。しかし、このルールが2007年にも儲かるかどうかというのは疑問ということになります。それは、このルールには理論的根拠が薄いからです。「風が吹けば、桶屋が儲かる」といった感じです(笑) ただ単に、2006年の相場のみで、すごく儲かるルールを荒探しして、無理やり作った可能性が高いということになります。つまり、たまたま偶然が重なり2006年に限っては、このルールがすごく儲かったということです。

市場では、極端に儲かるルールがあったとしたら、それはすぐに誰かに発見され、その発見した人たちが実践してしまいます。そうすると、結局は極端に儲かるようにはならなくなってしまうようにできています。ですので、甘い言葉に惑わさせ、極端に儲かると書いてある売買ルール(内容が公開されていない)を高いお金を払って買ったとしても、実際それで運用をすると、損してしまう可能性もありますので、十分に注意してください。

貴公子 なるほどです。ルールが公開されていないものには、安易に近づくなということですね(笑)

貴公子 あと、ひまわり証券さんでは、投資顧問契約を結んで、プレミアム情報会員というものになれますよね。このプレミアム情報会員のメリットというのはどんなものなのでしょか?

師匠 はい、端的に説明しますと、一般の個人投資家では得られないような投資情報を提供できるということになります。その情報元は、プロのディーラーなどから入手しています。

貴公子 なるほどです。システムのルールを教えてくれるということではなく、日経225先物(日経225mini)に関して、我々一般人が入手できない情報を教えてくれるということでよろしいですか?

師匠 はい、そうです。

貴公子 では、もっとわがままな質問をさせていただきます(笑) 「堀川さんのエクセルセミナーを見たけれども、私はやっぱりエクセルは苦手だ! もっと簡単にルールの検証ができるものはないのか!?」 というような人はどうすればいいでしょうか?

師匠 そうですね、そうは言ってもやはりエクセルは苦手だという人はけっこう多いです。そこで、弊社としても、もっと簡単に日経225先物(日経225mini)のルールの検証をできないかといろいろ試行錯誤してきました。そして、ついに日経225先物(日経225mini)の検証を簡単に行うことができるソフト、「ひまわりトレードシグナル」というものを開発したんですよ。現在、まだプレリリース版なんですが、このひまわりトレードシグナルを使うと、エクセルの関数などを使わずに簡単にシステム(ルール)の検証ができてしまいます。

貴公子 それは、すごいですね! これは、日経225先物(日経225mini)の検証もできるんですか?

師匠 はい、日経225先物(日経225mini)をはじめ、デリバティブ取引の検証に特化したものになっています。過去のデータも4年間入っております。もちろん、お客様で用意された、もっと古い過去データをひまわりトレードシグナルに入れて検証することも可能です。

貴公子 いや〜、それはすごいですね。日経225先物(日経225mini)などのデリバティブ取引に特化した検証ソフトなんて聞いたことがありませんよ。でもこれで、柳橋さんはセミナーでうかつなことが言えなくなってしまいましたね(笑) 柳橋さんが「これは儲かるよ!」といったルールは、その後このひまわりトレードシグナルですぐに検証されてしまい、ホントかどうかわかってしまいますもんね(笑)

師匠 そうなんですよ・・・(^_^;) さらに、このひまわりトレードシグナルには、自動売買注文機能がついております。ですので、売買ルールを決めて、自動発注をオンにしておけば、勝手に注文も出してくれます。

貴公子 えーーーーーーーー!!! マジっすか!? 日経225先物(日経225mini)の自動売買機能がついたものって、日本で初めてじゃないですか!!?? 私たち、日経225先物(日経225mini)のシステムトレーダーは、この自動売買機能を待っていたんですよ!!!!!! ちなみに、この自動売買機能は、ひまわり証券さんの口座でないと売買できないのでしょうか?

師匠 はい、現在では、ひまわり証券口座での開発のみに成功したので、当面の間は、ひまわり証券の口座だけで使えるものになります。

貴公子 となると、ひまわり証券さんに口座を持っていないと、そもそもこのひまわりトレードシグナル自体の使用ができないんでしょうか?

師匠 はい、そのとおりです。

貴公子 使用料はおいくらんですか??

師匠 はい、年内(2007年)は無料です。ただし、年内は自動売買機能はついておりません。来年(2008年)からの正式サービスでは、毎月1万9950円の使用料をいただきます。正式サービスでは、もちろん自動売買機能がついております。年内の無料お試しサービスの募集は、おかげさまで大人気になっており、当初予定しておりました500人の枠があっという間に定員に達してしまいました。そこで緊急に500名の枠を追加させていただきましたが、こちらも、残り200名程度になっております(2007年11月21日現在)。無料で試してみたいという方はお急ぎください。

◆こちら→ ひまわりトレードシグナル


貴公子 いや〜、これはすごいですね。この自動売買機能があれば、サラリーマンもまったく遜色なく戦えますね。今までは、仕事中にトレイに行って、携帯で売買注文入れないとダメでしたもんね(笑) 自分なんか、サラリーマン時代には、仕事が忙しくて決済注文を入れられないことがよくありました。そういうときに限って、ニューヨーク市場が急落して、大損したりするんですよね。。。(^_^;)

師匠 私も、そういう話をよく聞きますよ(笑)

貴公子 月1万9950円の使用料なら、日経225先物だと、たった2テッィク、つまり20円取れば払えますもんね。毎回、昼休みと15時近くにトイレ行くぐらいなら、1万9950円お支払いして、自動売買にしたほうがずっとコストパフォーマンスが高いですよ。

貴公子 そういえば、先ほどひまわり証券さんのホームページを見た時に載っていたんですが、柳橋さんが12月1日に有料セミナーをやるそうで。そして、そのセミナーで新しいシステム(ルール)を発表すると書いてあったんですが・・・

師匠 はい、やります(笑) 今回のシステム(ルール)は、後場だけのものになります。つまり、12時30分にエントリーして、15時10分に決済するシステム(ルール)なんです。

貴公子 へ〜、後場だけのシステムですか。後場だけでどれくらい儲かるんですか?

師匠 そうですね、トレード一回の平均損益が16円〜17円です。具体的には、このシステム(ルール)を日経225mini1枚で1年間売買し続けると、23〜24万円の利益がでるような感じです。日経225先物1枚で1年間売買すると、230〜240万円の利益ですね。これは、あくまでも過去のデータ上の話ですが。

貴公子 後場だけにしては、結構儲かりますね〜。どんなシステム(ルール)なんですか?(笑)

師匠 いや、それは教えられません。セミナーに来てください(笑)

貴公子 え〜〜〜(笑) ヒントだけでもダメですか!?(笑)

師匠 う〜〜ん、、、 じゃーヒントだけ。このシステム(ルール)は、二つの指標を使うんですが、一つは海外市場の指標です。もう一つは・・・ やっぱり秘密ですね(笑) 

貴公子 そうなんですか〜。後場からなのに、海外の指標を使うんですね。このセミナーは、何人限定なんですか?

師匠 100人限定ですね。そして、このセミナーの模様をDVDで販売するのですが、これは200人限定です。つまり、300人しかこのシステム(ルール)を知ることができないということになります。

そのセミナー詳しい情報は

◆こちら↓
〜日経225先物デイトレードシステムを一挙2本ご紹介〜
【楽々亭柳橋考案 二刀流システムトレードセミナー】


貴公子 最後に、これからシステムトレードをはじめられる人に対して、アドバイスなどをいただけますか?

師匠 はい、これからシステムトレードをはじめられる方へのアドバイスといたしまして、とにかくコツコツとシステム売買を続けていただたいということですね。日々の損益に一喜一憂しないで、あくまで長期的に続けることで、システムトレードの良し悪しを判断してもらいたいです。

そして、長期的にシステムトレードをやっていただくためには、はじめは小さく始めたほうがいいと思います。まず、日経225miniなどで実践的な練習を繰り返し、うまくいき始めてたら、徐々に枚数を増やしていけばいいと思います。システムトレードには、調子のいいときや、悪いとき(ドローダウン)があります。不思議なもので、だいたい新しいシステム(ルール)をはじめると、まずは調子が悪かったりします(笑) ですので、この調子が悪いときでも、長く続けられるように、最初は、日経225mini1枚などで小さくはじめられるのがいいと思います。

そして、次のアドバイスとして、自分で運用しているシステム(ルール)の見直しも考えてもらいたいです。半年に一度ぐらいは、今やっているシステム(ルール)があらかじめ検証した結果に近いパフォーマンスを出しているかどうかを確認していただきたいです。もし、あまり期待通りの結果が出ていないようでしたら、今の相場に合うように少しだけ手を加えて修正することも大切だと思います。

貴公子 ちなみに、システムを検証する場合、過去どれくらいの期間を試してみるのがいいのでしょうか?

師匠 検証期間は、短すぎず、長すぎずがいいと思います。具体的には、過去3年〜4年の期間でうまくいっているものがいいのではないでしょうか?

貴公子 よく読者の方に、日経225miniでシステムトレードをやるときには、日経225miniの過去データを使ったほうがいいのですか?と聞かれます。これはどうなんでしょうか?

師匠 私も同じようなご質問をお客様からいただきます。しかし、日経225miniは、2006年7月からはじまったので、まだデータが十分とは言えません。ですので、日経225先物のデータで検証をすればいいと思います。日経225先物と日経225miniは、ほぼ連動した動きをしますので。私もすべてのシステム(ルール)を、日経225先物のデータで検証しています。

貴公子 さらに、最近読者の方によく受ける質問として、通常の相場(9時〜15時10分)の後に行わるイブニングセッション(午後16時30分〜19時)を考慮する必要性はありますか?というのがあります。 これはどうなんでしょうか?

師匠 現在、私が発表しているシステム(ルール)はイブニングセッションをまったく考慮しておりません。それは、イブニングセッションがはじまったばかりで、まだ出来高も過去データも少ないので、しかっりとした検証ができないからです。ですので、現段階でイブニングセッションをあまり意識する必要はないと思います。

貴公子 今回も、いろいろ聞かせていただき、ありがとうございました!

師匠 こちらこそ、ありがとうございました。

 


 

岩崎の感想
やはり、ひまわり証券さんは、個人投資家を育成するということを会社のミッションに掲げているだけあって、本当に手厚い投資家育成サービスを提供していますね。個人投資家のレベルに合わせて、いくつもの育成サービスを提供しています。そして、そのほとんどが自宅いながら勉強できるWebセミナーです。
特に、24時間見られるオンデマンドセミナーや、ストリーミングセミナーは非常に役に立ちます。これは、どなたでも見ることができるので、これを使わない手はないですね。

システムトレードの本とかは、けっこう難しいことが書いてありますので、最初はとっつきにくいんです。なので、ひまわり証券さんの動画セミナーから勉強するというのは、すごくいいと思います。私も、ひまわり証券さんのWebセミナーでシステムトレードを楽しく学べたので、ここまで続けることができたのだと思います。

それから、ひまわりトレードシグナルはすごいですね。年内は、無料で使えるそうなので、是非試してみたいです(残り枠が200名ぐらいです)。来年から、自動売買発注もできるそうで、本当に楽しみです。この自動売買発注は間違いなく使えますし、来年にブレイクしますよ!!

◆こちら→ ひまわりトレードシグナル


最後に、師匠・楽々亭柳橋さんと写真を撮っていただきました。なれなれしく肩組んでいます(笑)

himawari1

 

 

 

 

楽々亭柳橋さん、本当にありがとうございました。

ひまわり証券のスタッフの方をはじめ、この取材に関わっていただいた、すべての人に感謝いたします。

そして、この記事を最後まで読んでいただいたあなたにも感謝感謝です。

どうも、ありがとうございました。

ひまわり証券への口座開設・資料請求は

◆◆こちらから → ひまわり証券 読者限定本プレゼント!

ここから申し込むと、Mr.デリバティブこと、ひまわり証券堀川さんが書いた「日経225先物取引入門」の本をプレゼント!(読者限定)

【期間】
2007年12月3日〜2008年1月31日

【条件】
キャンペーン期間中に、新規で先物もしくはオプションいずれかの口座開設を いただき、さらにご入金後に「先物・オプション取引口座」へご資金振替をさ れた方。

【プレゼント対象本】
書籍タイトル:日経225先物取引入門
著者:ひまわり証券 堀川秀樹
著者コメント:日経225先物取引に投資する個人投資家の動向や投資環境、統計的に確率の高い方向で取引をすることの重要性と優位性、具体的なシステムマティックな売買手法について紹介しました。また、日経225mini市場にも使える内容にしてあります。
何も考えずに取引を開始し、結果敗れて去っていく投資家の如何に多いことかと感じます。投資する前に、チェックすべき情報、知っておかなければいけない情報について、詳しく解説しておりますので、是非手にとって読んで欲しい本です。

日経225先物取引入門



◆◆こちらから → ひまわり証券 読者限定本プレゼント!






日経225miniで国家公務員を辞めた男の日記のトップへ



 

 

トレイダーズ証券潜入!

 

  六本木で見たモノとは!!??

 

 

さて、今回は特別企画第2弾です!!

脱サラ会会長ことジャージー岩崎は、ひまわり証券潜入に味をしめ、再び証券会社に潜入してきました!

次に潜入した証券会社!! そう、あのトレイダーズ証券です!!

トレイダーズ証券といえば、鬼の執行スピード! どうして、そんなに執行スピードにこだわるのか!? を、直球、 いや変化球、、、 いや、毛先が球的な質問で聞いてみたい!と思い、トレイダーズ証券にターゲットを決めました。

が!!! 相手は上場グループ企業です。。。 私みたいな日経225ミニをペロペロと売買しているような、いち個人投資家の取材を受けてくれるはずがないか・・・ くぅ〜(T_T) 大金持ちの家に生まれていて、ラージ(日経225先物)を100枚ぐらい売買していれば、少しぐらい話を聞いてもらえてたかも・・・ などと少しセンチメンタルが止まらなくなりましたが、ダメもとで取材を申し込んだところ、、、

快くOKをいただきました・・・ あれ!?(‥;) 

「いや〜、ひまわり証券といい、トレイダーズ証券といい、普通の証券会社では考えられない対応をしていただきました。本当に感謝感激です。」

というわけで、相場が終わった16時30分にトレイダーズ証券に潜入してきました!

 

トレイダーズ証券の本社は六本木にある泉ガーデンタワーの29階にあります。この泉ガーデンタワーがすごい。。。 オールガラス張りで、六本木ヒルズ・六本木ミッドタウンと肩を並べる六本木のランドマーク的な存在。 エレベーターもオールガラス張りで、高所恐怖症の私は、エレベータでとりあえず変な汗をかいておきました。。。 しかし、中もメチャメチャキレイです。いや〜すごい。

泉ガーデンタワーの外観はこんな感じです>> 泉ガーデンタワーのHP

 

そんなこんなで29階に到着し、トレイダーズ証券へ。いや、やっぱり中もすごい。

トレイダーズ証券取材1



 



 

緊張します(^_^;)

会議室で待たしていただき、トレイダーズ証券の担当の方が3名もいらっしゃっていただきました。

早速、お名刺を交換させていただくと、「執行役員」の三浦正弘さん。執行役員だ!!?? そう、かなり偉い方です(笑) さらに、三浦さんの投資に関する知識もハンパじゃない! 三浦さんのブログには、すごく役にたつ内容が書いてあります。
三浦さんのブログ → ■正ちゃんのTwo Two Five Blog

さらに次の方が、トレイダーズ証券のイケメンマーケティング部長である北村智紀さん。この方は、見るからに妥協を許さない男。なぜ、この方が証券会社の社員なのか。。。 俳優かと思われるほどのカッコよさ。一瞬の隙もない。バディーも完璧だ。一ミリのぜい肉もなさそう。たぶん、家でブリーフブートキャンプ・・・ いや違う、ビリーズブートキャンプをやっているに違いない(笑) とにかく、この方は鋭い。

そして、今回メインで私のインタビューを受けていただける沼崎扶さんだ。トレイダーズ証券のWebセミナーなどの講師を務められている方だ。トレイダーズ証券の顔と言っていい。沼崎さんは、メチャメチャ優しい。いい兄貴タイプ。沼崎さんがメインで話を聞いてくれて本当に良かった(笑)

このそうそうたる3名の方に私がお話を聞くことになりました。かなり緊張しましたが、「え〜い、もういったれ〜〜!」という感じで聞いてきました。

トレイダーズ証券取材2




 

 

左から、三浦さん、沼崎さん、北村さん。

 

なお、ここからは会話形式でお楽しみください。トレ『』は、トレイダーズ証券の担当者の方のお話。 会長「」は、わたくし脱サラ会会長岩崎の話。 ()は、わたくし脱サラ会会長岩崎の心の声でございます。

 

会長 「現在、トレイダーズ証券の口座数はどれくらいなんでしょうか?」

トレ 『証券口座(FX口座を除く)は、約1万3000口座ですね。そして、その中の90%以上は、日経225先物(日経225ミニ含む)の口座です。』

(うぇ〜、ほとんどが日経225先物の口座だ!?)

 


会長 「男女の比率、年齢の比率などは、わかりますでしょうか?」

トレ 『女性は13%ですね。年齢的には、30代が32%、40代が30%、50代が17%となっています。』

会長 「女性の比率は、FXなどに比べると少ないですね?」

トレ 『はい。しかし、FXも爆発的な人気になる前は、男性のお客様ばっかりでした(笑) その後、FXの認知度が上がるにつれて、女性のお客様の比率が上がってきました。ですので、日経225先物(日経225ミニ含む)に関しましても、これからさらに認知度が上がるにつれて、女性のお客様の割合は増えていくと考えております。』

(うん、そうだろうな〜。日経225先物(日経225ミニ含む)のブログをやっている人も、女性の方が増えてきたもんな〜)

トレイダーズ証券取材3





 

 


会長 「現在、手数料引き下げキャンペーンをやっていますが、好評ですか?」

トレ 『はい、おかげさまでかなり好評ですね。「引き続きやってください!」というご意見を、お客様から多数いただきます。特に日経225先物をやっている方よりも、ミニをやっている方のほうが手数料には敏感なようです。

多くのお客様から手数料引き下げを「引き続きやってください!」という声を受けまして、トレイダーズ証券では今までキャンペーンで行っていた日経225ミニの片道147円の手数料を、今後恒常的にすることを6月22日に決めました。』

会長 「それは大変うれしいですね。ありがとうございます。ただ、この147円という手数料でやっていけるのですか?(笑)」

トレ 『はい、この料金でも採算はなんとか取れます(笑)』

(うん、証券取引所に支払う場口銭を考えると、この147円あたりが限界だろうな〜。)


会長 「日経225ラージは1枚1785円なので、日経225ミニを10枚取引するほうが手数料が安いことになりますが、ラージの手数料はこのままということでしょうか?」

トレ 『先ほども申し上げたように、手数料に敏感なお客様はミニを取引されている方に多いです。ですので、まずミニの手数料を安くさせていただきました。これは今後ラージの手数料を下げることはないということではなく、まず足がかり的にミニの手数料を下げたということです。』

 


会長 「トレイダーズ証券には、多くのお客様がいらっしゃると思うのですが、みなさんどのような手法で日経225先物(日経225ミニ含む)を取引されているんでしょうか?」

トレ 『現物株をメインでやられている証券会社様では、日経225先物を現物株のヘッジとして利用されたり、どの株が上がるかはわからないが、日経平均全体は上がりそうだと考えるときに、日経平均を丸ごと買うような発想で日経225先物を売買されている方が大勢いらっしゃるかと思います。その点、弊社はデリバティブ(注:金融派生商品 先物や、オプション、FXなど。)に特化した証券会社でございますので、先物やオプションを専門的にやっている方が多いです。

売買手法に関しましては、日経225ミニをはじめらた方は、デイトレで取引されている方が多いですね。これは、日経225ミニをはじめられた=先物自体をはじめてやる という方が多いので、まずはオーバーナイトのリスクを回避するためにデイトレで売買される方が多いのではないでしょうか』


会長 「どのようなお客様が勝っていますか? 共通点などはありますか?」

トレ 『やはり、自分が思っていた方向と逆の方向に相場が動いたときにすぐに損切れる方だといます。つまり、ストップロスをしっかり入れている人ですね。ストップロスを入れていると、大負けしないんですね。こういう方は長く相場に居続けられるので、だんだん売買もうまくなっていきます。

逆に、ストップロスを入れないで、すべての取引で勝とうと思っている方は、一度で大きく負けてしまって、売買開始後1ヶ月〜2ヶ月ぐらいで取引をやめてしまう方が多いです。』

会長 「なるほど〜」

トレ 『それから、長く相場に残っていらっしゃる方は、証拠金に余裕がありますね。例えば、日経225ミニは1枚5万円ぐらいの証拠金でやれるのですが(注:最低維持証拠金は10万円)、証拠金を5万円ギリギリでやるのではなく、30万円〜40万円の証拠金でミニ1枚を取引しているような方が、長く相場に居続けられる傾向があります。
これは、証拠金に余裕があるので心理的な負担が少なくなり、冷静な判断ができるからだと思います。どうしても気持ちに余裕がないと、間違った判断をしてしまうことが増えてしまうことがあると思います。

ですので、初心者の方には、まずは余裕をもった証拠金で始めて、「うまく負ける」方法を身につけていただきたいと思っています。どんなに稼いでいる投資家でも、負けたことがない人はいません。そうなると、いかに上手に負けるかが、勝ち続けられる投資家になるためのポイントになると思います。』

会長 「なるほど〜。勝っているお客様の投資手法の共通点などはありますか?」

トレ 『2005年や2006年前期のような上昇相場では、買ってただ保有し続けた人が一気に資金を増大されていきました。しかし、そのように稼いだ人も、その後の下落相場で、同じように保有し続けてしまい、結局資金を大きく減らしています。やはり、コンスタントに勝っている人は、毎日コツコツと継続的に売買されている方ですね。

長い時間相場に参加し続けることで、少しづつ投資が上手になっていき、徐々にではありますが、着実に資金を増やしていく手法がよろしいかと思います。』

会長 「実際にそういう人はいるんですか??」

トレ 『はい、あるお客様は、2年ぐらい前に証拠金100万円で日経225先物をはじめられました。そのお客様は、売買を始められた頃は本当に少ない枚数で取引をされていました。しかし、毎日コツコツと着実に売買をされていき、1年後には資金を20〜30倍にまでされました。』

(1年間で、100万円の資金を20〜30倍って・・・ すげぇーな。)

 

 

会長 「基本的にトレイダーズ証券は、プロの方や、投資に非常に精通した方がよく使っているようですが、これには何か理由があるんでしょうか?」

トレ 『はい、それはやはり、サーバーが安定していることと、執行スピードが速いこと、あとは1枚の証拠金がSPANパラメーターの100%で足りるということが大きいと思います。』

会長 「なるほど。サーバーが安定しているとは、具体的にはどういうことなんでしょうか?」

トレ 『はい、何か大きな事件があったときにシステムの調子が悪くならないということや、売買高が急激に増えるとき、つまり「寄り付き」や「大引け」でもスムーズに売買できることだと思っております。』

会長 「なるほど、トレイダーズ証券さんは、以前から執行スピードが速くて有名でした。が、さらに執行スピードを上げるために今年(2007年)の2月にサーバーを増強したそうですが、どうしてそんなに執行スピードにこだわるのでしょうか?」

トレ 『はい、それは、投資はまず環境ありきだと思うからです。

例えば、寄り付きでは注文の発注や取り消しが頻繁に行われ、一日のうちで最も売買注文が混み合います。ここでもし、寄り付き30秒前に注文の取り消しを行ったのに、取り消しが完了せずに売買が行われてしまったら、その投資家様にとっては、かなりの損失です。

さらに、注文を入れたのにすぐに反映されなければ、日経225先物で10円・20円動いてしまうことはザラです。ラージ1枚で10円の差は1万円の損益に相当します。手数料が高い証券会社と安い証券会社の手数料の違いといっても、ラージ1枚で1000円あるかないかです。だとすると、手数料を1000円安くすることに注力するより、執行スピードを向上させることに注力したほうが、遙かに投資家のみなさまのためになります。

つまり我々は、投資家のみなさまにとって、手数料なんかよりは、執行スピードの速度のほうが大きなコスト要因になると考えているのです。ですので、まずは執行スピードと、安定したサーバーを整えることが我々の最も大切にしていることであり、それが他社との差別化であり、弊社のポリシーであると考えています。

会長 「なるほど〜、実際にサーバーを増強して投資家の反応はどうだったんですか?」

トレ 『はい、多くのお客様から「寄り付きの注文がスムーズになった」と言っていただきました。「前より、だいぶ速くなったね〜」というようなご意見をいただいたときには、本当にうれしかったですね。』

会長 「今後、さらにサーバーを増強するといったことも考えていらっしゃるのですか?」

トレ 『はい、もちろん考えています。しかし、今回のサーバーの増強が、我々の想像を遙かに超えるほど強烈なものになってしまいまして、実はまだまだ余裕があります(笑) このサーバーでも足りないくらいのお客様が来てくれるのを願っております(笑) そのようなことになれば、すぐにでも更なるサーバーの増強をいたします。』

(へ〜、本当にサーバーの安定と、執行スピードにこだわっているんだな〜〜。ここまで、サーバーの安定と、執行スピードにこだわっている証券会社はさすがにないね〜。)

 


会長 「一昨年ぐらいまで、ネット証券は手数料がどれくらい安いかを争う時代でした。しかし、最近では手数料が下げられるところまで下がってしまい、手数料競争は落ち着き、次の競争のステージに来ています。今、大手のネット証券さんは、いかに多くの金融商品を提供できるかというサービスを争っているような氣がします。例えば、海外株や投資信託、債権なども扱って、お客様がネット証券でどんな金融商品でも買えるようなことをやっていらっしゃいます。トレイダーズ証券さんではそういうことは考えていないのですか?」

トレ 『考えていないことはないです(笑) 現物株を取引される投資家の方は、だいぶ頭打ちになってきた感があります。ですので、現物株をメインでやっていらっしゃる証券会社のみなさまは、現物株以外の金融商品を提供しはじめたのではないかと考えています。しかし、デリバティブ(日経225先物等)に関しては、まだまだ取引される方が増えていっている状況です。ですので、弊社としましては、まずは成長しているデリバティブ取引でしっかり足場を固めたいと思っています。

弊社のコア事業は、やはりデリバティブ取引であり、このデリバティブ取引でお客様の信頼を得たいと考えております。「デリバティブ取引と言えば、トレイダーズ証券だよね」と言われるようなポジションになりたいと思っています。

そして、デリバティブ取引を通してお客様の信頼を勝ち取ることができましたら、次に違う商品の提供なども、もちろん考えていきたいと思っております。』

 


会長 「トレイダーズ証券さんは、日経225先物・オプション取引のオンライン化をいち早く実現させた証券会社ですが、なぜそんなにデリバティブにこだわっていたのでしょうか?」

トレ 『はい、弊社が設立された当時は、日本の個人投資家の間に、デリバティブというものはほとんど知られていませんでした。しかし、我々は常に世界に目を向けていました。海外の市場では、個人投資家がデリバティブの取引をするのは当たり前になっていましたので、日本でも個人投資家の方がデリバティブの取引をやるようになるだろうということを確信していました。また、日本にデリバティブ取引を広めたいという考えも持ち合わせておりました。

そして、欧米ではデリバティブ取引には、デイトレなどの短期売買の手法が一般的に使われています。その頃の日本ではデイトレという概念すらなかったと思います。もし日本でも個人投資家の方がデリバティブ取引をやるようになれば、デイトレなどの短期売買をやるよね。デイトレなどの短期売買をやるなら、やっぱりオンライン・インターネットで取引するようになるよね、と考えました。そこで、デリバティブのオンライン化を進めていったのです。

会長 「へ〜、そうなんですか。トレイダーズ証券さんは、特殊注文などもいち早く導入されていましたよね?」

トレ 『はい、先ほども申し上げたように、我々は世界に目を向けていました。欧米の市場では、逆指値という注文は当たり前でした。ですので、日本ではほとんど馴染みのなかった逆指値注文もすぐに導入しました。同時に欧米では普通にあったIFDone注文などの特殊注文も導入しました。

そして、日経225ミニの取引が開始されるときも、アメリカでのS&PminiやEminiなどが、どれほどの人気になったかを知っていましたので、日本でも絶対に多くのお客様が取引されると思い、すぐに導入することを決意しました。』

会長 「特殊注文に関しては、トレイダーズ証券さんより、もっと複雑な注文ができる証券会社もあります。トレイダーズ証券さんでも、今後さらに多様な注文ができるようにしていかれるのですか?」

トレ 『もちろん考えています。さらに、リッチクライアントを夏場に導入したと考えています。』

会長 「リッチクライアント? お金持ちのお客さんですか?」

トレ 『いえ・・・(汗)  リッチクライアントとは、ダウンロードして使っていただく、マルチチャートアプリケーションのことです。楽天証券さんで言えば、マーケットスピード。松井証券さんで言えば、ネットストックハイスピードのようなアプリケーションです。

このアプリケーションを使っていただければ、チャート画面から直接注文ができたりします。現段階ではまだ言えないような、お楽しみの機能も付いております(笑) 名前は、お客様から公募いたしまして、「トレードスタジアム」に決定させていただきました。』

「へ〜、それは楽しみですね。期待しています!」

 


会長 「これから日経225先物(日経225ミニ含む)をはじめられる方に対して、証券会社を選ぶ際のコツなどを教えていただけますでしょうか?」

トレ 『はい、各証券会社様のスペックを比較することは、ホームページを見れば簡単にできると思います。また、ほとんどのお客様がスペックで証券会社を選ばれていると思います。

そこで、逆にホームページに書いていない部分を選ぶ際のポイントに入れてみたらどうでしょうか?例えば、何か質問をしたときにどれくらいの時間で、どのような返信が返ってくるか?というようなことを参考にしてみるのもいいのではないでしょうか? ホームページには載っていない、質問をしたときの対応やスピードという面で比較してみると、今まで見えなかったものが見えてくるかも知れません。

弊社は、そのような部分でもお客様に選んでいただきたいと考えており、私沼崎がお客様からの「質問担当」をさせていただいております(笑) 口座を開設するときに何か疑問があった場合は、何でも私に聞いてください!というようなスタンスでやっております。

そして弊社では、お客様が誰とやりとりしているのかをわかるようにするために、なるべく私沼崎の露出度を上げています。私の顔写真をホームページに掲載したり(照)、セミナーなどで講師をさせていただき、なるべくお客様に顔を覚えていただくように努めています。そうすれば、お客様は質問の相手が、「あっ、あの沼崎さんね」と認識でき、安心して質問をしていただけると考えております。』

会長 「そうなんですか(笑) 私もわからないことがあったら沼崎さんに聞きます(笑) あと、何か質問があるときに、電話だと悪いんじゃないかと思って、電話で聞けばすぐに解決できるような疑問も、わざわざメールで送ってしまうことがあったりしますが、電話をしてもいいのでしょうか?」

トレ 『はい、もちろん電話でもかまいません。私どもといたしましても、メールより電話で説明したほうがうまく伝わる場合や、素早く対応できる場合もございます。ですので、電話でお聞きになりたい方は、電話をしていただいてまったく問題ありません。

しかし、メールに関しましても、スタッフが帰宅してしまった夜遅い時間でなければ、必ずその日の内に返信するように心がけています。ですから、メールでご質問されたい方は、もちろんメールでしていただいても、まったく問題ございません。』

会長 「そうですよね。そういえば、トレイダーズ証券さんは日経225先物も電話で売買できる数少ない証券会社ですが、実際に電話で売買をされている方はいるんですか?」

トレ 『はい、電話で売買されている方もけっこういらっしゃいます。日経225先物に関しましては、Webで注文するときと電話で注文するときの手数料が変わらないので、電話のみで取引されている方もけっこういらっしゃいます(注:日経225ミニに関しては、Webからの注文と電話からの注文では手数料が異なります。)。

一日に何回も売買されるような方は、さすがにWebで注文されたほうが有利だと思いますが、寄り付きで買って、大引けで売るような手法の場合なら、Webから注文する場合と、まったく遜色はございません。』

会長 「へ〜、そうですか!?それは意外でした!! 先物と言えば、みなさんWebでやられているんだと思っていました。電話で注文できるというのは重要ですよね。もし、自宅のネット環境が使えなくなったときに、電話で注文ができないとなると大変な損失を被る可能性があります。そういうときに電話で注文できるのはいいですよね。日経225先物を電話で注文できる証券会社さんはホントに数少ないですもんね。 ただ、混み合ってまったくつながらないといったことはないんですか?」

トレ 『電話注文は常時9人ぐらいのスタッフで対応させていただいています。ですので、寄り付きや大引け間際は、多少お待ちしていただくことはありますが、まったくつながらないといったことはございません。そして、それ以外の時間帯でございましたら、スムーズにつながります。最近でいえば、上海ショックのような大きな暴落があったときも、電話注文はスムーズにつながっておりました。』

会長 「なるほど。私も以前、寄り付きで買ったポジションを、外出先で携帯電話を利用して決済しようと考えていました。が、その日はIDとパスワードを控えてくるのを忘れてしまい、携帯電話から売買できないことに気が付き、変な汗が体中から噴き出しました(笑) このとき、トレイダーズ証券さんは、電話でも売買できることを思い出し、電話をかけてなんとか決済することができました。あのときは、本当に命拾いをしましたね(笑)」

トレ 『そうですか、それは良かったですね(笑) 岩崎さんのように外出先から売買するときは電話を使う、というように補助的に使っていただいているお客様も多いです。』

会長 「そうですよね。ラージなら手数料が電話でも同じですもんね。これは日経225先物を専門的に扱っているトレイダーズ証券さんだから、できるんでしょうね。」

 

 

会長 「トレイダーズ証券さんは定期的にWebセミナーを開催されていますよね。今後もこのWebセミナーは続けていかれるのでしょうか? また、Webセミナーはどのような目的で開催していらっしゃるのでしょうか?」

トレ 『はい、弊社ではセミナーを4段階に分けて運営しています。

1.日経225先物(日経225ミニ含む)の仕組みについて解説するもの

2.ロスカット、ストップロス(逆指値)、特殊注文について解説をするもの

3.システムトレードの基礎について解説するもの

4.実際に勝っていらっしゃる投資家の方をお招きして、その方の投資手法などについて解説していただくもの

の4段階がございます。

最近の調査では、1.のセミナーに参加していただいている方の約半数は、まだ日経225先物(日経225ミニ含む)の取引をされたことがないという方です。これは、非常にいい傾向だと思っています。日経225先物(日経225ミニ含む)に関して、何も知識がないのに、「儲かりそうだ」といって、安易に取引をはじめられてしまう方もいらっしゃいます。我々は、取引する商品に関して、知識もないような状態で利益を上げ続けていくというのは不可能だと考えています。ですので、まだ取引されていない方が、セミナーに参加されるというのは、非常にいい傾向だと思っております。

そして、弊社としましては、日経225先物の仕組みを理解された後は、次にストップロスを学んでいただきたいと思っております。

多くの初心者の方は、「いつ買うか?」というエントリーポイントの話を聞きたがります。なので、多くの投資本も「いつ買うか?」というエントリーポイントを中心に書かれています。
しかし、柔道も最初は受け身から習います。つまり、まず受け身、投げられたときの対応策を身につけてから、次に攻撃の練習へと進むのです。我々は投資の学び方もまったく同じだと考えています。まず受け身、上手な「負け方」を練習しなければ、長く相場に居続けることは不可能だと考えています。長く相場に居続けることが不可能ならば、勝ち続けられる投資家になることも不可能です。ですので、我々はロスカットや、ストップロスの概念について、徹底的にお客様に勉強していただきたいと思っております。』

「そうですよね。多くの人は自分が勝つことしか考えていないですが、勝率が100%の投資家なんていないですもんね。いかに、致命的な負けをしないかを学ぶことが第一ですよね。」

 

会長 「では、最後に今後ますます日経225先物や日経225ミニを売買されていく個人投資家が増えていくと思いますが、その中でトレイダーズ証券さんが実現していきたいこととはなんでしょうか?」

トレ 『はい、日経225先物や日経225ミニという金融商品が、正しい広がり方をしていってもらいたいな〜と思っています。

どういうことかと言いますと、これから日経225先物や日経225ミニをやられる方が、先物に対しての知識(ルールやリスク)を、しっかり持った上でやっていただきたいと思っています。つまり、ただ儲かりそうだからという安易な気持ちで、日経225先物のルールもリスクを知らないでやっていただきたくないということです。日経225先物は証拠金取引ですので、レバレッジを高くすることができ、ルールを知らなければ想像以上に大きな損失を被ることになってしまう可能性もあります。ですので、しっかり知識を身につけてから、取引をはじめていただきたいと思っています。その知識を身につける場として、弊社のWebセミナーを活用していただければと思います。

ですので、

1.日経225先物(日経225ミニ含む)の仕組みについて解説するもの

2.ロスカット、ストップロス(逆指値)、特殊注文について解説をするもの

段階のセミナーに、先物をまだ売買したことがない方が多く参加していただけるようにしたいです。まだ先物を売買したことがない方が90%以上を占めるようなセミナーにできたらいいなと思っています。

日経225先物や日経225ミニの基礎を学ぶにはトレイダーズ証券のセミナーが一番いいよねとお客様に言っていただけるように、精一杯努力していきます。』

 

会長 「今日は長い間本当にありがとうございました。」

トレ 『こちらこそ、ありがとうございました。』

 

 

感想

いや〜、びっくりしました。トレイダーズ証券がここまで真摯に投資家のことを考えているとは正直思っていませんでしたね。とにかく、トレイダーズ証券の方々はまじめ・誠実です。そして、会社の理念がしっかりしている。これだけ執行スピードにこだわる理由も、よ〜〜くわかりました。多くの証券会社が、手数料競争でしか戦っていない中、違う軸・サービスで勝負しているトレイダーズ証券はすばらしいですよね。

トレイダーズ証券は、本当に投資家のこと考えている証券会社です。こういう証券会社がもっと増えていくことを本当に願っています。

今後、トレイダーズ証券がますます発展していき、日経225先物・日経225ミニが正しく広がっていくことを、私も願っています。

トレイダーズ証券のみなさま、取材に協力していただいたことを、本当に感謝しております。ありがとうございました。


 

トレイダーズ証券取材4

 

← トレイダーズ証券のラウンジ。東京タワーや六本木ヒルズが一望できます!! 夜、ここに○○ちゃんを連れて来たら・・・(´。`)

 

 

トレイダーズ証券取材5



 

 

 


トレイダーズ証券取材6



 



 

沼崎兄貴、本当にありがとうございました。

この取材に関わっていただいた、すべての人に感謝いたします。

そして、この記事を読んでいただいた、あなたにも感謝いたします。

 

トレイダーズ証券への資料請求、または口座開設の詳しい内容は

■こちらから>> トレイダーズ証券 ミニの手数料を引き下げ↓

 

 

日経225miniで国家公務員を辞めた男の日記のトップページヘ

 

 

 

 ひまわり証券潜入!

 

  ラクラク友の会会長 V.S 脱サラ会会長

 


さて、今回は特別企画です。

なんとわたくし脱サラ会会長がシステムトレードの師匠に会うためにひまわり証券に潜入してきました。

そう、私が今日経225mini(日経225先物)でコンスタントに勝てているのも、すべてはひまわり証券のおかげといっても過言ではありません! ひまわり証券のMr.デリバティブこと堀川さんにシステムトレードのシスの字を教わり、ひまわり証券の楽々亭柳橋さんから勝てるシステムトレードの作り方を教わりました。

そうこのお二人=ひまわり証券がなければ今の私のシステムトレードという投資スタイルはありません(;_;) そして、システムトレードでトレードをしてなかったら、たぶん今頃脱サラ会会長は段ボールの家に住んでいたと思います。実際、裁量でトレードしていたときは、2回破産しましたから(‥;)

ということで、私はひまわり証券を活用して、日経225miniで勝てるようになったので、

ひまわり証券を活用して、日経225miniで勝つためには」というテーマでお話をうかがいに行きました。

って、簡単に言いますが、いちユーザーの私が上場企業のひまわり証券さんに簡単にお話が聞けるはずがありません。 そりゃそうだろ。今急成長しているひまわり証券は超忙しいはず。

が、私の座右の銘の一つに「断られる前にあきらめるな」というものがあります。ということで、ダメもとでひまわり証券に取材のお願いをしたら、快くOKをしてくれました。あれっ、すごい。普通じゃ考えられない(゜_゜) 

ってなわけで、相場が終わった午後4時過ぎに、ひまわり証券さん潜入してきました!

 

ここだけの話、ひまわり証券が入っているビルは、某浜松町駅から徒歩10分、ゆりかもめ線の竹芝駅や、劇団四季劇場、浜離宮庭園の近くにあります。そして、そのビルは海際にある、すごくキレイなビルです。

 

ひまわり証券その1


←ひまわり証券が入っているビル

 

 

 

ひまわり証券その2

この裏側には、海が一面に広がっています。

いや〜、超キレイなビルだ・・・

このビルの6階がひまわり証券株式会社の本社です。

 

 

 

 

ひまわり証券その3

これは1階のエントランスです。

中もすごくキレイです。

 

 

 

 

 

このキレイで立派なビルを目の当たりにして、足がガクガク震える脱サラ会会長・・・ 

「おいおい、オレはもしかしたら、すげぇーとこ来ちまったんじゃねーかーー」(‥;)

恐る恐るエレベータに乗って、ひまわり証券のフロアである6Fに到着。

「うぁ〜、中もメッチャメチャきれいだ。。。」

「すみません、脱サラ会会長ですが・・・」とインターホンで担当の方に電話をかける。そうすると、すぐに担当者の方が着てくださり、会議室へ案内してくださいました。ひまわり証券の会社の中は、すごい明るくて、大勢の方が働いており、とても活気がありました。

そして、会議室で待っていると、、、

(おぅ、きた〜〜、楽々亭柳橋さんだ)(^.^)       


(と思っていたら、その後も3人の方が入ってきて、なんとひまわり証券の担当の方が4人も来ちゃった!!!???  
おいおい、待ってくれ。。。 こんな忙しいときに押しかけたのに、脱サラ会会長の取材のために、ひまわり証券の担当者の方が4人も・・・ メッチャ恐縮だ。楽々亭柳橋さんの他に、セミナー講師として拝見したことがある田村篤史さんや、セミナーの説明などでよくお見受けするNさん、イケメンのKさんと、シャレにならないくらいのメンバーだ。 言ってみればひまわり証券のドリームチームだ・・・ 証券会社の宝箱や。。。
おいおい、さらに緊張してきちまった。トイレに行きたい。が、そんなことは言えない。。。 あ〜、今日はお腹が痛くなったと言って帰ろうかな。。。 

いやいや、待て待て。今日はやるって決めたじゃないか。よし行くぞ。今日は厳しい質問をビシビシさせてもらうんだ。ひまわり証券を丸裸にすんだ!!!

よっしゃーーー!(>_<)


「すみません、いつもお世話になっております。岩崎と申します〜〜〜 アハハハハ(^_^;) とりあえず、お名刺でも・・・  (いかん、サラリーマン時代のクセが出てしまった・・・)」

そんなわけで、とっ、とりあえず、名刺を交換してみた。

その後多少私の自己紹介と、雑談をさせていただいた。そこで感じたことが、ひまわり証券の担当の方々は、みんな笑顔だ。すごく楽しそうに話をしてくれる。ここで「ご一緒にポテトいかがですか? 今キャンペーンを行っておりまして、FXでデイトレすると、ちょっとウレシイおこづかいを差し上げています。ご一緒にどうですか?」と言われたら、ポテトを買って、デイトレもしていただろう(^_^;) このみなさん笑顔で緊張がとれた。

ということで、なんでも質問をしてくださっていいという了承を得たので、ビシビシ厳しい質問をしてきました。

なお、ここからは会話形式でお楽しみください。ひま『』は、ひまわり証券の担当者の方のお話。 会長「」は、わたくし脱サラ会会長の話。 ()は、わたくし脱サラ会会長の心の声でございます。


 

会長 「まず、ひまわり証券の証券口座のうち、日経225先物(日経225mini・オプション)の口座数はどれくらいなんでしょうか?」

ひま 『はい、今は8割ぐらいの方が先物・オプション口座です。最近は日経225miniの口座数が急激に増えておりまして、口座開設数が、毎月倍々に増えているような状況です。』

(おう、やっぱひまわり証券さんは、先物の口座数が多いな。以前は先物に特化してやっていたからな。)

会長 「へぇ〜、やはり日経225miniの口座数は増えているんですね〜。最近、日経225miniの出来高もかなり増えてきましからね。現在ひまわり証券さんは、先物の口座開設者に投資本をプレゼントという太っ腹なキャンペーンをされていますが、これはやはり人気ですか?」

ひま 『はい、大変ご好評をいただいております。やはりお客様は投資を勉強したいと思っていらっしゃいますので、本をプレゼントということになると好評で口座開設者が増えますね。
以前にもこの投資本プレゼントのキャンペーンを開催したことがあるんですが、以前からダントツに人気No.1書籍が、新井邦宏さんの

投資の王道・実践編 日経平均先物取引

ですね。そして、最近人気なのが、

自動売買ロボット作成マニュアル~エクセルで理想のシステムトレード

をはじめとする、システムトレード関連の本です。』


(おう、やっぱり1位は新井邦宏先生の本か。あれは名著だ。私が日経225先物に関するおすすめの本を紹介してくれと言われたら、まずこの新井先生の本を紹介するね。以前メルマガでプレゼントしたときもすごい人気だった。私は昨年まで、新井先生の塾に入っていたけど、あそこで得たものは本当に役に立っている。
ってか、2000円以上する投資本を、口座開設して入金するだけでもれなくプレゼントしてくれる証券会社なんて、ひまわり証券の他にない。これは是非続けて欲しい。これから日経225miniをはじめる人には、必ず新井邦宏先生の本を読んでからやってもらいたい。よし、この企画はずっと継続しろ!!とガツンと言ってやろう。)

会長 「あの〜、この投資本をもれなくプレゼントする企画は大変すばらしいと思うのですが、今後も継続していただけるのでしょうか・・・(^_^;)」(弱っ)

ひま 『はい、今後も出来るかぎり続けていきたいと思っています(^_^)』

会長 「あっ、ありがとうごじあます!!(>_<) 」 

(よし、キャンペーンを継続させてやったぞ! 今この記事を読んでいるあなた。投資本プレゼントキャンペーンはもう少し継続してくれるそうです! もしまだひまわり証券に口座を開設されていない方はお早めに。詳しくは、こちら→ ■ ひまわり証券に口座を開設して、投資本をもらう )

 

会長 「ひまわり証券には、多くのお客様がいらっしゃると思うのですが、みなさんどのような手法で日経225先物(日経225mini)を取引されているんでしょうか?」

ひま 『はい、圧倒的にデイトレをされている方が多いですね。やはり、日経225先物はレバレッジが高いので、みなさんオーバーナイトリスクを取りたくないようです。』

会長 「えっ、そうなんですか!? ってことは、みなさん専業投資家なんですか!!??」

ひま 『いえいえ、やはり圧倒的に会社員の方が多いですね。』

会長 「ということは、みなさん9時前にトイレ言って、15時前にもトイレ行っているんですかね(笑) 」

ひま 『う〜ん、どうなんでしょうか(笑) ただ、私どもはお客様に会社員の方が多いというを把握しておりますので、寄り付きに売買して大引けに成行で決済するような、ザラ場をずっと見ていなくてもいいシステムトレードを検証して、それを発表させていただいています。これは会社員の方などにご好評いただいています。ですので、多くのお客様が寄り付きで注文を入れて、あとはお昼休みなどに相場を見て、大引け成行決済の注文を入れているのではないでしょうか?』

(そうだよな。オレが今やっている寄り付き売買、大引け決済システムなら、会社員として働いていても問題なくできるもんな。ひまわり証券さんから教わった楽々トレードや、BBOも会社員でも問題なくできるし。)

会長 「へ〜、やっぱりひまわり証券を使っている人は、システムトレードをやっている人が多いんですね。では、ひまわり証券を使っている人で勝っている人の割合はどれくらいいるんでしょうか?」

ひま 『う〜ん、それはどうなんですかね〜。個人個人の方が勝っているのか、負けているのかを把握してはいませんが、先月は(2007年1月)、全口座の総合的な負け額よりも勝ち額のほう多かったですね。一般的には10%の人が勝っていると言われていますが、どうなんでしょうか?』

会長 「そうなんですか。私のイメージとしては、ひまわり証券では、あれだけ投資家育成に力を入れて、儲かるシステムトレードまで教えてしまっているので、ひまわり証券で取引している人は儲かっている割合が他の証券会社に比べて高いんじゃないのかな〜と思っているんですが」

ひま 『ありがとうございます。そうあって欲しいのですが、個人個人が勝っているか負けているかまでを把握するわけにはいかないもので・・・。ただおっしゃるとおり、勝てる投資家を増やすことがひまわり証券の理念ではあります。』

 

会長 「では、実際に勝っている人がどんな投資スタイルでやっているのか?というのはご存じだったりしますか?」

ひま 『はい、勝っている人のやり方はいろいろなのですが、共通点で言うとお金に余裕があると言うことですね。つまり、売買枚数に対して証拠金の額がかなり多いということです。少しの負けぐらいでは、証拠金がビクともしないんですね。だから、余裕を持って売買できる。その余裕が勝ちにつながっているんだと思います。』

会長 「へ〜、そうなんですか。やっぱり、証拠金ギリギリはせっぱ詰まってしまうんでしょうね(笑) 他には、例えば女性の人のほうが勝っているというようなデータなどはありますか?」

ひま 『う〜ん、女性のほうが勝っているというデータはないですね。口座数は、だいたい男性が80%、女性が20%の割合なんですが、この20%の女性が特に勝っているというデータはないです。ただ、女性のほうが売買数が多いんです。つまり、女性のほうが売買の回転が早いんですね。女性のほうが思いっきりがいいみたいです(笑)』

会長 「へ〜、そうなんですか(笑) 男はウジウジしますからね〜(笑)」

ひま 『そうですね(笑) あとは、システムトレードをコツコツ継続してやられている方がやはり勝っていますね。』

会長 「なるほど。ということは、1.証拠金に余裕がある2.ルールに従ってコツコツ継続的にやるという方が勝たれている人の共通点なんですね。」

 

会長 「自分はシステムトレードの知識がまったくなかったのですが、ひまわり証券のMr.デリバティブこと堀川さんが2005年にやっていた、「システムトレードの入門webセミナー」でゼロから勉強したんです。

ひま 『えーーー、本当ですか!! 本当にシステムトレードの知識ゼロからやられたんですね。すごいですね。』

会長 「はい、あのセミナーでは、エクセルの関数の入力から教えてくれたので、本当にエクセルの知識ゼロからシステムトレードをはじめることができました。私のブログを見てメールをしてくれる人の中にも、「自分もひまわり証券のセミナーでシステムトレードを学びました」という人がけっこういるんです。
あのようなシステムトレードの入門的なwebセミナーは最近あまり見かけないのですが、今後もやられないのでしょうか? この前までは24時間いつでも見られるオンデマンドでやっていたのですが、最近なくなってしまいまして・・・」

ひま 『そういえば、最近エクセルの入力からやるシステムトレードの本当に入門的なセミナーをやっていないですね。そうですね、これはすぐにやらせていただきます。オンデマンドでも用意したします。貴重なご意見ありがとうございます。』

会長 「いえいえ、こちらこそありがとうございます(笑) あのようなセミナーは、これからシステムトレードをはじめる人に本当に役に立つと思いますので、是非お願いします。(またガツンと言って、システムトレード入門セミナーをやっていただけるようにしました。

そして、ひまわり証券では入門的なセミナーとして、2月24日(土)10:00〜12:00に、あのいちのみやあいこさんをお呼びして、「はじめての簡単システムトレードセミナー」を開催されるそうです。前半は師匠楽々亭柳橋さんが、後半はいちのみやあいこさんがお話してくれるそうです。なんとこのセミナーに申し込むと、非売品である「いちのみやあいこ作・エクセルデータ」がもらえるそうです。すごい・・・ これからシステムトレードをはじめたいと思っている方にとっては、最高のセミナーですね。無料で参加できます(申込者が多数の場合は、抽選だそうです)。
詳しくは、こちらをご覧ください→■いちのみやあいこの「はじめての簡単システムトレードセミナー」

 

会長 「では、次の質問をさせていただきます。ひまわり証券が公開してくれているシステムトレード、例えば楽々やBBOは、そのままやっていても十分利益になっています。しかし、実際はひまわり証券にこのようなシステムトレードを教えてもらったにもかかわらず、利益を出せていない人もいると思います。それはなぜなんでしょうか?」

ひま 『そうなんですね・・・ 実際システムトレードをやっているのに負けてしまう人は、

1.損が続いてくるとシステムトレードをやめてしまう。

2.儲かってくると、いきなり売買枚数を増やす。

3.ルール通りにやらない。

といったことをされてしまいます。

システムトレードはどうしてもドローダウンがあります。システムトレードを始めてすぐにそのドローダウンに入ってしまい損が続くと、「あっ、やっぱ儲からないや」と言ってやめてしまう方が多いんです。そういう方がやめると、次の日からシステムトレードの調子が良くなったりするんですよね(笑) 

それから、連続で勝ってくるとすぐに売買枚数を増やしてしまう方も多いんです。不思議なもので、売買枚数を増やした途端に、ドローダウンに入ってしまうんですねよ(笑) そして、今まで儲けて分もすべて失ってしまいます。
あとは、我々がご紹介しているシステムトレードが6・7連勝した後から初めてこのシステムトレードに乗ってくる人もいますね。「次も儲かるんじゃないだろうか?」という感じだと思います。そして、そういう方がシステムトレードに乗ってくると、システムが負け始めるんですよ(笑)

そして一番多いのが、システムのルール通りにやらない方ですね。「いやいや、今日はさすがに売りじゃないだろ」と勝手に判断して、裁量で売買してしまう。そういうときに限って、システムのルール通りにやっていれば、大きく勝っていたりするんですよ。』

会長 「そうそう、自分も なんで今日が買いなの??ウソでしょ!? みたいな日のほうが、システムトレードで大勝ちできるんですよね。あれは不思議です。」

ひま 『本当に不思議ですね。ザラ場がはじまる前に、「なんで今日のサインが売りなんですか!?」とか、「自分は買いだと思うんですけど、システムのサインは売りでどうしたらいいでしょうか?」というような電話がかかってきたりもします(笑)』

会長 「へ〜、そうなんですか(笑) ということは、システムトレードで勝つコツは、

1.やり続ける(ドローダウンにはまってしまっても、コツコツとやり続ける)。

2.儲かっても、安易に売買枚数を増やさない(システムトレードには波がある。好調が続けば、次は不調がやってくる。それに耐えられる枚数でやる)。

3.システムトレードのルールを勝手に変えない(システムトレードは、システムのルールを絶対に守る。今日の売買サインはあり得ない、というようなときこそほど、儲かることが多い。もし、どうしても裁量でやりたいなら、システムトレードとは別でやる)。

ということになりますでしょうか?」

ひま 『はい、そうですね。是非、コツコツ継続してやり続けてもらいたいです。』

 

会長 「私はひまわり証券のwebセミナーは、本当に日本一だと思っています。自分もひまわり証券のwebセミナーでシステムトレードを学びました。これからも、あのような充実したセミナーを続けていかれるんでしょうか?」

ひま 『ひまわり証券の理念は、【投資家を応援する会社】ということです。ですので、これからも投資家育成には力を入れていきますので、もちろんwebセミナーも継続してやっていきます。」

会長 「それは私ども投資家にとっては、本当にうれしい限りです。最近では有料のセミナーもはじめられたようですが、今後は有料セミナーをもっと増やされていくのでしょうか?」

ひま 『いえ、これからも基本的には無料セミナーを中心に行っていきます。今まではシステムトレードのロジックまで全てセミナーで公開していました。しかし、このようにロジックまで紹介してしまうと、最初は100人しか使っていないシステムが、500人使うようになって、1000人使うようになってしまうのではと考えております。そうすると、やはりマーケットインパクトが大きくなって、今までシステムを使っていたお客様の不利益になってしまうのではということを危惧しております。ですから、これからは基本的にはお客様が自分でシステムを作れるようなになっていただくことを目標にセミナーを行っていきます。このようなセミナーに関しては、今後も基本的に無料セミナーで行っていきたいと思っております。

ただ、どうしても自分ではシステムを作れないというお客様のために、システムのロジックまでご紹介するセミナーも開催していきたいと思っております。これは、マーケットインパクトを考えて、人数限定・有料でやらさせていただきたいと考えております。』

会長 「なるほど。以前にやられた有料セミナーは、好評だったのですか?」

ひま 『はい、大変ご好評をいただきました。確か90人ぐらいの人に参加していただきました。』

会長 「えっーー、90人ですか!? 確か5万円ぐらいでしたねよね!?」

ひま 『はい、受講料は5万2500円でした。そのセミナーの内容を収録した6万3000円のDVDも、限定数がすぐに完売となってしまいました。』

(すごい・・・ 投資系のセミナー会社が1万円のセミナーにいろいろ特典つけて100人集めるのに苦労しているのに、5万2500円のセミナーで90人も参加したのか。。。 そしてDVDも完売。。。 やはり、ひまわり証券のシステムトレードに厚い信頼を置いている人が多いんだな・・・ まぁ、あんな儲かるシステムを5万円ぐらいで教えてくれるなら、メッチャ安いよな。すぐにもとは取れるし。ちなみシステムトレード開発講座の第3弾が3月11日に行われるようです。→新システムPerry開発講座  第2弾の→Darwin

会長 「そう考えると、楽々トレードやBBOをシステムのロジックまで公開しているということはすごいことですよね。現在、口座を開設&口座残高50万円以上で参加できるデリバティブスクエアや、ラクラク友の会に入会すればこれらのロジックを知ることができます。今後はどうなるんでしょうか?」

ひま 『はい、すぐにこれらのロジックの一般公開をやめるということは考えていないのですが、やはりいずれは公開しなくなる可能性や、有料化というのも考えています。どうしても大勢の方が見られる状況にあると、マーケットインパクトの問題が出てきてしまいます。これらのシステムが機能しなくなると、やはりお客様に不利益が及びますので。』

(おう、マジか・・・ そうだよな、あんなに儲かるシステムを無料でロジックまで公開するというほうが異常だよな。)


会長 「わかりました。では、最後に今後ますます日経225miniを売買されていく投資家が増えていくと思いますが、日経225miniを扱うたくさんの証券会社の中で、ひまわり証券はどのようなポジションを目指されていくのでしょうか?」

ひま 『はい、やはり我々は【投資家育成】ということに力を入れていきたいです。バンバン売買をやってもらったらいいということではなく、やるからには勝っていただきたい。そうして、勝てる投資家を育てることによって、長い期間我々ひまわり証券を使っていただけたら幸いと考えております。

確かに、バンバン売買していただいたほうが手数料収入としては儲かるのですが(笑) 我々はドンドンやれやれ的な売買を勧めたりはしません。やはり、ルールに従ってやるシステムトレードを今後も推奨していくつもりです。システムトレードを自分で開発できるような強い個人投資家を育成して、ひまわり証券を使って長くトレードしていただきたいと思っています。それが、現在最大手クラスの証券会社との差別化であり、我々ひまわり証券の理念・ミッションであります。』

会長 「今度手数料を引き下げるようなことは考えていないですか?」

ひま 『はい、これでも赤字ギリギリなんです。証券取引所に支払う手数料を考えると、日経225mini1枚の手数料を210円以下にしてしまったら赤字になってしまいます。ひまわり証券としては、赤字覚悟で手数料を安くして、たくさん投資家を集めた後に手数料を引き上げるというようなやり方はしたくない。それよりはやはり、投資家育成ということにもっとこだわっていきたいと考えております。我々のミッションは、【投資家を応援する】ということであり、それが他社との差別化だと考えております。』

会長 「今日は長い時間、どうもありがとうございました。」

ひま 『こちらこそ、ありがとうございました。』

 

感想

いやいや、正直驚きました。すごく投資家育成に力を入れている会社だなと思っていましたが、ここまで徹底しているとは・・・ 普通の証券会社は、広告をバンバン打って、とにかくたくさんの人を集めて、ガンガン売買してよ〜といった感じのスタイルです。しかし、ひまわり証券はシステムトレードを推奨しているんですよ。システムトレードって、あんま売買しないんですよね(笑) けど、そうやって長く生き残れる強い投資家を育てていくほうが、実は証券会社として利益を上げていけるのかもしれません。そういう証券会社はまだまだ少ないですが・・・

私も、もっともっとシステムトレードを日本に普及させて、「外国人投資家を圧倒する、強い個人投資家を日本に数多くつくる」というミッションを実現したいと思っています。なので、ひまわり証券の理念に改めて共感をした取材となりました。

取材に対応していただいたひまわり証券の四人の方は、本当に心から「投資家を育成するんだ。強い個人投資家を作るんだ」ということ真剣に考えていました。そして、みなさん楽しそうでしたね。本当に楽しそうに仕事をしていました。

投資家を育成する証券会社=ひまわり証券が今後ますます発展していってもらいたいですね。いや、間違いなく発展すると思います。そして、日本に強い個人投資家がもっともっと増えていくでしょう。

 

ひまわり証券その4

 

 

 

 

 

最後に我がシステムトレードの師匠、楽々亭柳橋さんと受付で写真を撮っていただきました。

我々投資家の個人情報を保護した上で、質問にギリギリまで答えてくださったひまわり証券のみなさま、お忙しいなか本当にありがとうございました。

 

ひまわり証券の口座に関する詳しい内容は、

こちかから

■>> 今なら、2000円以上する投資本がもらえます。

 

 


 

■12位のしもぞー…さん、8月の利益●●●万円!! 先週の結果は? → 先物ランキング


 

■10位の楽チン…さん、10枚×30円抜きのシステムで、すごい勝率です! →  投資ランキング



●10位の日経先物…さんは、資金5000万円で日経225をデイトレ中!先週は? → 225ランキング 


 

ついに今月末で募集締め切り! なぜ95%の人が投資で損をするのか? 理由がここに ↓ ↓ 

 26歳で株や先物で、100万円を20億円にした 神王リョウさん の投資スクールとは? ◇

 

 

先週の週末に、「脱サラ会世界各国の証券取引所見学 in 大阪証券取引所 de 食い倒れ【ホントに、倒れるまで喰うぞ!!】」ツアー 2006秋の祭典スペシャルに行ってきました。

ついに、日経225先物が上場されている大阪証券取引所です!

さらに、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)と、宝塚劇場も行ってきました。USJと宝塚は、期待していた10倍以上に楽しく&感動しました! もうUSJと宝塚にがっちりハートを鷲づかみされちゃいまいたよ(照)。 そして、もち、食い倒れもしてきました。

やっぱり、大阪って最高だよ〜〜!!! また、行きたいよーーー

しかし宝塚を見て、まさか自分が涙するとは思いも寄りませんでした。 宝塚、すごい!!!

 

 

大証1

この建物が大阪証券取引所ビル。

誰の銅像でしょうか?

写真を撮ったときは、「有名なデイトレーダーか?」

と思っていましたが、家に帰ってきて調べたら、
五代 友厚(ごだい ともあつ)さんという方らしいです。大証の設立に関わった方だそうです。
詳しくは、ウィキペディアで → 五代 友厚



 
大証3立派な建物でした。

 




大証4

エレベーターも豪華!

 


 

大証5

こっち?

 


 

大証6

日曜日だったので、誰もいませんでした・・・



 



いや〜、大証は立派で豪華な建物でした。前回行った名古屋証券取引所とは大違いです。。。

名古屋証券取引所に行ったときの記事 ↓
■>『自宅ではたらくデイトレーダーの告白』 or 『1K男』 で出版どうっすか?

大証は、日経225先物でそうとう儲かっているんでしょうね。私もそうとう儲けたいです。

 

さて、大証見学を終えて、いざ食い倒れへ

食い倒れ1

まずは、大阪駅(梅田駅)の近くにある「ホルモン焼きの茜」というお店です。

電車の高架下にあるカウンター15席ぐらいの小さいお店です。七輪で焼きます。

なんと、久しぶりにレバ刺しを食べられました(3年ぶり、いや5年ぶりぐらい?)。
激ウマです。今まで食べたホルモン焼きで、一番おいしかったです。




 食い倒れ2
これは大阪駅(梅田駅)にあるの「ねぎ焼のやまもと」というお店。

すごい行列でした。みなさん何時間並ぶの?? というくらいの行列でした。私も開店前から並びましたが、開店から1時間後にやっと入れました。
味は、普通です・・・ 期待が大きかっただけに、ちょっとガッカリでした・・・ 




食い倒れ3

これも大阪(梅田駅)にある「串揚げの松葉総本店

立ち食いのお店でしたが、普通においしかったです。

 


 


この他にも、大阪の友達に串揚げ屋さんや、たこ焼き屋さんに連れて行ってもらいましたが、どこもおいしかったです。

今回は、大阪に行くと毎回行っている新世界の串揚げ屋さん「天狗」に行けなかったのが非常に残念です(T_T) あそこの「どて焼き」を食べるために、大阪まで行ってもいいくらい、おいしいお店です。

いや〜、やっぱ大阪は食べ物が安くてうまいっすね。最高でした!

が、今回のツアーは、食べ物以上に、USJと宝塚に感動してしまいました。

USJと、宝塚劇場についての大感動記については、こちらのブログで↓

■>> FXシステムトレードやるために国家公務員を辞めたアホの日記(ブログ)で

 

 

    人気急上昇中の日経225miniミニ!  おすすめの証券会社は… ↓ ↓

★>私が実際に使っている日経平均225miniミニのおすすめ証券会社比較ランキング

 

 

 

         私、脱サラ会会長が魂を込めて贈る、メルマガ!! ↓  ↓

     ▲ お得な無料セミナー情報満載!! 脱サラ会の無料メルマガ>>  ▲

 

日経225miniミニ先物をデイトレするために国家公務員を辞めた男の日記のトップページヘ

 

 

↑このページのトップヘ