日経225、日経225miniのナイトセッションとは何でしょう?

ナイトセッションとは、2011年7月19日から導入された夜間立会の取引のことです。

日経225先物取引は9:00〜15:15までの日中取引と、16:30〜翌3:00までのナイトセッション(「夜間」と呼ばれます)で取引できます。
もともとはイブニングセッションと呼ばれていた16:30〜19:00までだった取引時間を延長していった結果、現在の午前3時まで取引が可能になった、というものです。

2007年にイブニングセッションが導入されてから、毎年のように取引時間が延長されることになり、2011年にはイブニングセッション(夕場立会)からナイトセッション(夜間立会)に改称されました。
確かに、夕方…という時間帯ではありませんからね(笑)

これにより、普段は会社で働いているサラリーマンなどが、帰宅後に取引できる時間帯が増えました。
FXのように24時間(平日)取引ではないので、ナイトセッションが導入されたことはトレーダーにとっては大きなメリットですね。
ただし、ナイトセッションの取引日は当日扱いではなく、翌営業日扱いとなるので注意しましょう。

ナイトセッションの時間帯は海外の株式市場の影響を受けやすいと言われています。
日本時間の16:30〜翌3時まではヨーロッパやアメリカが昼間の時間帯となるため、トレードが活発になります。
ヨーロッパの株価に連動するように日本の株価も動いたり、ニューヨーク市場のダウ工業平均などの影響も大きく受けることがあります。

日経225先物を取引するなら、日中と夜間両方の取引を考えたいものですね

日経225先物取引について勉強するなら上位のブログもオススメ
先物取引ブログランキング
初心者さんが知らない情報がいっぱい
先物・オプション ブログランキング